• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 【日本アカデミー賞】最優秀アニメーション作品賞は『夜は短し歩けよ乙女』!
  • NEWS

【日本アカデミー賞】最優秀アニメーション作品賞は『夜は短し歩けよ乙女』!

2018年3月02日 22:42

『夜は短し歩けよ乙女』の湯浅政明監督

第41回日本アカデミー賞授賞式が3月2日にグランドプリンスホテル新高輪で開催され、最優秀アニメーション作品賞には森見登美彦のベストセラー青春恋愛小説をアニメ映画化した『夜は短し歩けよ乙女』に輝いた。

京都を舞台に“黒髪の乙女”に焦がれる先輩の姿を、躍動感あふれる演出でポップに描いた本作。俳優や歌手など多彩な顔を持つ星野源が“先輩”役を演じた。

『夜明け告げるルーのうた』でアヌシー国際アニメーション映画祭長編部門最高賞となるクリスタル賞に輝き、マンガ史に残る不朽の名作「デビルマン」をアニメ化した『DEVILMAN crybaby』も話題となるなど、いま最も注目を浴びているアニメ監督のひとり、湯浅政明が監督を務めた。

プレゼンターを務めたのは『この世界の片隅に』の片渕須直監督。名前を呼ばれると湯浅監督は驚きの表情とともにステージに上がり、「どうもありがとうございます」とニッコリ。

「森見先生の楽しくてかわらしい作品を映画化できて、現場ではとても楽しくつくっていました」と制作過程を振り返り、「アニメーションは本当にたくさんの人が作品をつくっていて、いろいろな方が頑張っています。声を出す方も映らないところで演技をしたり、説得力を出したり、大変なことがある。スタッフ、キャストのみなさま、おめでとうございます!」と支えてくれたチームに感謝しきりだった。

ほかに優秀アニメーション作品賞を受賞したのは、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、『ひるね姫 知らないワタシの物語』、『メアリと魔女の花』、『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会| [c]森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会| [c]2017ルー製作委員会[c]森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会[c]2004MINDGAMEProject[c]GoNagai-DevilmanCrybabyProject[c]GeniusParty[c]2012 MasaakiYuasa, Production I.G[c]2014BONES/ProjectSPACEDANDYTM&[c]2018CartoonNetwork. AWarnerMediaCompany. AllRightsReserved.[c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK[c](株)さくらプロダクション/日本アニメーション1992[c]四畳半主義者の会[c]松本大洋/小学館 [c]松本大洋・小学館/アニメ「ピンポン」製作委員会[c]2008 湯浅政明・マッドハウス/カイバ製作委員会|  [c]藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018| [c]Go Nagai-Devilman Crybaby Project