• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『プリンシパル』で黒島結菜が渾身のバックハグ!「私も女だってことだ、バカ」
  • NEWS

『プリンシパル』で黒島結菜が渾身のバックハグ!「私も女だってことだ、バカ」

2018年2月24日 10:00

いくえみ綾の人気コミックを映画化した青春ラブストーリー『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(3月3日公開)。NHKドラマ「アシガール」に主演の黒島結菜が演じたヒロイン、糸真(しま)が渾身のバックハグを披露!

タイプの違うイケメン2人の間で心揺れる糸真だが… | [c]2018映画「プリンシパル」製作委員会 [c]いくえみ綾/集英社

黒島演じる糸真は転校先の札幌の高校で。クールで上から目線だけど親友思いの弦(げん・小瀧望)と、笑顔がまぶしいちょっと病弱な和央(わお・高杉真宙)というタイプの異なるイケメン2人と恋仲になる。だが、自分の“好き”という気持ちがわからず、友達の晴歌(はるか・川栄李奈)に背中を押され、一歩を踏み出していく。

【写真を見る】弦の幼なじみ、“ゆるふわ男子”な和央を演じる高杉真宙 | [c]2018映画「プリンシパル」製作委員会 [c]いくえみ綾/集英社

公開に先駆けて行われた試写会での観客の反応は胸キュン度98%というだけあって、とにかくキュンとさせられるシーンが続出。糸真が弦にバックハグし「私も女だってことだ、バカ」と思いを明かすシーンはその最たるものと言っても過言ではないはず。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』は3月3日(土)公開 | [c]2018映画「プリンシパル」製作委員会 [c]いくえみ綾/集英社

弦を演じるジャニーズWESTの小瀧望も、和央を演じる高杉真宙も誰もが認めるイケメンなので、糸真になりたい!なんて思う人も多いはず。主人公に思う存分感情移入して、胸キュン体験してみてはいかが?

文/トライワークス

関連映画

キーワード

関連映画ニュース