• TOP
  • 映画ニュース
  • 太陽がいっぱい
  • 芳村真理がアラン・ドロンやカトリーヌ・ドヌーヴの秘蔵エピソードを披露!「ジャンヌ・モローのようになる」秘訣とは?
  • NEWS

芳村真理がアラン・ドロンやカトリーヌ・ドヌーヴの秘蔵エピソードを披露!「ジャンヌ・モローのようになる」秘訣とは?

2018年2月17日 22:38

フランス映画スターたちの意外な素顔とは?
フランス映画スターたちの意外な素顔とは?[c]1960 STUDIOCANAL - Titanus S.P.A all rights reserved

アラン・ドロンやカトリーヌ・ドヌーヴ、ジャンヌ・モローなどフランス映画界のスターが出演した名作を特集上映する「華麗なるフランス映画」が2月17日に初日を迎え、角川シネマ有楽町にてトークイベントが開催された。

本イベントに登壇したのは、多くの映画人と公私にわたり交流を持つメディア・パーソナリティの芳村真理。アラン・ドロン主演の『太陽がいっぱい』4Kレストア版上映後に登場した芳村は「びっくりするくらいキレイ、これが4Kですか」と、よみがえった名作の美しさに驚嘆しきり。

芳村が知人を介してパリでドロンと会ったのは『太陽がいっぱい』が公開され、日本でもドロン人気が過熱していた頃だったが、カフェにラフな姿で現れたドロンに「あなたは日本ですごい人気なのよって言っても、本人はキョトンとしてて、その当惑した顔が忘れられない。おとなしい、控えめな青年という印象を持った」と当時を振り返る。

カトリーヌ・ドヌーヴとは、芳村がテレビの歌番組に出演していた際、現場見学に来たことで遭遇。ドヌーヴの印象は「おおらかで、きれいな方。その頃サン・ローランの洋服を着て歩いているのが本当に素敵だったのを憶えています」と語る。

司会者から「ジャンヌ・モローにも会った?」と聞かれると、友人とローマを歩いていた時に男女がパパラッチに囲まれていたのが見え、それがモローと当時の恋人だったピエール・カルダンだったという秘話を披露。カルダンとは面識があったため声をかけると、そこでモローを紹介され「素敵なマダムでした。私のことをじっと見ながら、にっこり笑って『こんにちは』って言ってくれたんです」とモローの人柄を明かし、その幅広い交友関係に客席からも驚きの声が!

最後に40代のファンの女性から、年齢を重ねるにあたってするべきことを聞かれると「20代、30代は何もしなくても大丈夫。40代は意識しないとダメで、自分にお金をかけて投資してください。そうすると、60代、70代はジャンヌ・モローのようになれると思います」と秘訣を教えてくれた。

「華麗なるフランス映画」は3月2日(金)まで角川シネマ有楽町にて実施され、その後、全国順次公開予定。

文/編集部

関連映画

関連映画ニュース