• GOSSIP

第8シーズンで終了の米テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」早くも映画化が決定

2010年3月30日 15:05

まだ死にません | [c]GLOBE PHOTOS/AFLO

先日、第8シーズンで終了が決まり、多くのファンを落胆させた米テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」が、早くも映画化されることが決定した。

ハリウッド・レポーター紙によると、キーファー・サザーランド扮するジャック・バウアーは、今やアメリカ国民だけでなく世界中のヒーロー的存在といっても過言ではないため、テレビシリーズを終了するにあたり、水面下では映画化の話が進行していたもよう。

プロデューサーのハワード・ゴードンは、「映画の脚本執筆も進行中です。早ければ来年には仕上がる」と言っているが、テレビシリーズを映画化するに当たっては、数年待たなければならないというルールがあるため、実際に公開が可能になるのはいつなのかについては明言しておらず、「できるだけ早く公開に踏み切りたいと思っています。キーファーも同じ気持ちでしょう」と語っており、キーファーが映画でも続投することを明らかにした。

また、内容についてはふれていないものの、「テレビシリーズの続編ではありません。毎エピソードがリアルタイムで進行したテレビシリーズの延長ではなく、まったく違ったものにしたいと考えています。テレビでは許されなかったような、映画でしか実現できないダイナミズムも期待して欲しい」と語っており、少なくともジャックは、テレビの最終シリーズでは死なないことも明らかになった。【NY 在住/JUNKO】

関連映画ニュース