ディズニーランドがダークサイドに!?『最後のジェダイ』の世界を体感してきた |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2017/12/11 15:59

ディズニーランドがダークサイドに!?『最後のジェダイ』の世界を体感してきた

今年最大の話題作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)の公開に合わせ、東京ディズニーランドのトゥモローランドでは12月15日(金)から18年3月19日(月)まで「スター・ウォーズ」の世界をテーマにした「スター・ウォーズ・プログラム“フィール・ザ・フォース”」が開催される。

東京ディズニーランドで初開催となる本プログラムでは、人気アトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」が、最新作『最後のジェダイ』のシーンを追加したスペシャルバージョンで登場するほか、スペシャルメニューやグッズ、期間限定のデコレーションやフォトロケーションが登場。

さらに、ディズニーアンバサダーホテルにはオリジナルグッズ付きの限定ルーム、ディズニーリゾートラインには特別デザインのフリーきっぷが登場するなど、ディズニーリゾート全体を巻き込んだ一大プログラムとなり、映画界最大のイベントである「スター・ウォーズ」最新作の公開に花を添える。

まずは本プログラムの目玉であるアトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」。宇宙船“スター・スピーダー”に乗り込み「スター・ウォーズ」の世界を観光できると、1989年のオープン以来、長年にわたり愛され続けてきた「スター・ツアーズ」。2013年に迫力満点の3D映像と、新たなストーリーによってリニューアルされた。

そして昨年には『フォースの覚醒』公開に合わせて、惑星ジャクーが登場する新バージョンに進化を遂げた同アトラクション。今回のスペシャルバージョンでは『最後のジェダイ』で登場する惑星クレイトのシーンが追加され、新シリーズ2作のシーンのみで構成された、とびきりエキサイティングなアトラクションに生まれ変わっているのだ。

新シリーズのキャラクターも続々と登場し、もちろんカイロ・レンをはじめとしたファースト・オーダーの面々も参戦。約4分30秒、迫力と臨場感あふれる宇宙の旅を楽しむことができるのだ。とくに戦闘シーンの臨場感は、これまでの「スター・ツアーズ」の中でも最大級と言ってもいいだろう。さらに、最後に到着する惑星には、ファンなら思わずワクワクしてしまうこと間違いなし!

また、アトラクションの目の前にあるレストラン「パン・ギャラクティック・ピザ・ポート」では、期間中に限定メニューが登場。まるで宇宙空間のような見た目に、思わずギョッとしてしまう漆黒のピザ「ダークサイド・カルツォーネ」をはじめ、ダース・ベイダーのポップコーン・バケットも販売。

さらにタピオカ&ジンジャー入りのドリンク「スパーク・フューエル8」は、アトラクションの興奮で熱くなった体をひんやりと潤しながら、ジンジャーの効果で体を冷やしすぎない、寒い冬にはうれしいドリンクとなっている。

映画館で『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を堪能したら、是非とも東京ディズニーランドに足を運び、全身で「スター・ウォーズ」の世界に没入してみてはいかがだろうか。

取材・文/久保田和馬

関連作品