• NEWS

中条あやみ、赤裸々すぎる!?志尊淳に「お尻のニキビ治りましたか?」

2017年11月25日 12:52

中条あやみ「こんなこと言っていいのかな…」と赤裸々質問!

福山リョウコの人気コミックを実写映画化した『覆面系ノイズ』の初日舞台挨拶が11月25日に新宿ピカデリーで開催され、中条あやみ、志尊淳、小関裕太、真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮、三木康一郎監督が登壇。中条が「これ言っていいのかな…」と戸惑いつつ、志尊に赤裸々質問をぶつけた。

本作は、高校生たちが、言葉では伝えられない気持ちを歌と音楽にのせて届けようともがく姿を描く青春ラブストーリー。主演として作品を背負い、歌やギターにも挑戦した中条は「卒業式の日のお母さんってこんな感じなのかなって」と初日を迎えて感激の面持ち。「こんなにたくさんの人に観ていただけるのが、すごくうれしいです」と会場を見渡した。

それぞれが、共演者や監督に「これまで伝えられなかった想い」を暴露することとなったこの日。中条は「これ言っていいのかな…」と口火を切り、「(先日の)番宣のときに志尊くんが言っていたんですが、お尻のニキビは治りましたか?」と“お尻ニキビ”に悩んでいた志尊に、思い切って質問。

志尊は「どんな暴露ですか!」と笑いながら、「移動が多くて、座ったりするので。お尻におニキビができてしまって。お座りすると、お痛くなっちゃって。でも無事に治りました!」と茶目っ気たっぷりに完治を報告。「正常なお尻でやらせていただいています!」とアピールしていた。

また三木監督は「チョコチョコっとやってきた中条さんから、ラブレターをもらった」と爆弾発言。中条は「違います!」とバッサリと切り捨て、会場も大爆笑。撮影中に誕生日を迎えた三木監督に中条が手紙を渡したそうで、三木監督は「文章の終わりに、『長生きしてくださいね』と書いてあった。早死に前提か!」と声を大にした。

中条は「映画(が大変)でどんどん痩せていくと言われていて。指輪をつけてらっしゃったんですが、痩せていくせいでスカスカだと言うので、心配になっちゃって」と日に日に痩せていく三木監督を心配しての一言だったことを明かすと、三木監督は「優しさだったんだね」と中条の気遣いに感謝していた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2017 映画「覆面系ノイズ」製作委員会| [c]2018『ニセコイ』製作委員会| [c]2019SFFP| [c]2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会| (C)カンテレ