菅田将暉、板尾創路監督の演出に「号泣しました」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2017/11/23 12:10

菅田将暉、板尾創路監督の演出に「号泣しました」

芥川賞を受賞した又吉直樹による同名小説を、板尾創路が映画化した『火花』の初日舞台挨拶が11月23日にTOHOシネマズスカラ座で開催され、菅田将暉、桐谷健太、川谷修士、三浦誠己、板尾監督、原作者の又吉が登壇。菅田が「号泣した」と板尾監督の演出に涙したことを明かした。

本作は、漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年と先輩芸人が出会い、現実の壁に阻まれながら歩み続ける姿を描く青春物語。芸人の又吉が綴った小説を、その先輩である板尾がメガホンをとり、漫才師人生の悲哀をリアルに描いた。

菅田は「現場もすごく楽しく、大好きな芸人さんの方々がいて和気あいあいとしていた。ハッピーな意味でもメモリアルな日々だった」と撮影を述懐。「徳永としての日々は忘れちゃいかんな、忘れたくないなという時間を過ごせた」と芸の道で葛藤する徳永として生きた日々に思いを馳せた。

板尾監督は「漫才師役を芸人と俳優がコラボして、本当のコンビを作り上げられたら(本作は)成功すると思っていました。大満足です」とキャスティングへのこだわりを吐露。「『又吉の書いたネタを俺がやる』みたいな、なんとも言えない気分もあった。『全部お任せします』と言ってくれたので、なんとかいい映画にしようと120パーセントくらい頑張りました」と渾身の1作となったという。

原作者の又吉は「僕が書いたことを板尾さんがご理解してくださった」と板尾監督に感謝しきり。劇中では菅田と川谷が「スパークス」というコンビを結成しているが、とりわけ「『スパークス』がそれぞれの道に旅立つときのライブシーン」にはグッときたと話す。

演じた菅田もそのシーンには特別な思い出があるそうで、「一発本番でやるという空気だった」と撮影時を回顧。「僕は俳優なので、漫才をすることに勇気を持とうと思っていた。そんなとき、板尾さんが『すべての芸人を代表するつもりでやってこい』と」と印象的な声をかけられたという。“本当に思っていることと逆のことを言う”という展開の漫才シーンだが、さらに「アドリブを入れるとしたら、(相方の)山下がもし泣いていたとしたら、『お前、何笑ってんねん』とツッコんであげて」と板尾監督からの演出があったそうで、菅田は「それで号泣しました」と漫才師の悲哀を心から理解した板尾監督の演出に、涙したことを明かしていた。

取材・文/成田 おり枝

関連作品

  • 火花

    3.4
    22
    第153回芥川賞に輝いた又吉直樹の小説を菅田将暉&桐谷健太主演で映画化