• NEWS

アメリカ発祥の超過激スポーツ“ローラーダービー”って知ってる?

2010年3月01日 18:57

ケガ人続出の過激スポーツに、少女たちが挑む! | [c]2009 BABE RUTHLESS PRODUCTIONS, LLC All Rights Reserved.

初夏公開予定の青春ムービー『ローラーガールズ・ダイアリー』は、『JUNO ジュノ』(07)で世界中から注目を集めたエレン・ペイジが主演を務める、ドリュー・バリモアの初監督作。劇中では、アメリカで広く知られる人気スポーツ・ローラーダービーに興じる少女たちの姿が描かれるのだが、そもそもこのスポーツがどんなルールなのか、ご存じでない人も多いのではないだろうか?

ローラーダービー(別名、ローラーゲーム)とは、ローラースケートレースとパンクロックが融合したスポーツゲームで、男女5人ずつ計10人が1チームとして参加する。各チームからは2人ずつ“ジャマー”と呼ばれる得点役を用意し、縦40メートル×横70メートルのトラックを4周する間に、このジャマーが相手チームのメンバーを何人追い抜くことができるかを競い合う競技なのだ。

しかも試合中は、ただ早さを競うだけではない。なんと、相手側のジャマーの滑走を止めるため、妨害行為も許されているというのだから、なんとも過激なゲームである。

日本ではなかなかお目にかかれない、デンジャラスな競技・ローラーダービーを描いた『ローラーガールズ・ダイアリー』。ポップで明るいだけでなく、全編から放たれる少女たちのパワフルな魅力にも注目したい1本だ。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース