アカデミー賞ノミネート発表で、北米ボックスオフィスの順位が激変 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2010/2/22 10:04

アカデミー賞ノミネート発表で、北米ボックスオフィスの順位が激変

アカデミー賞は、観客が観る映画を選ぶ上で大事な指標となる映画界最大の映画祭。現地時間の2日(火)に同賞のノミネートが発表されたが、実際に、週末3日間(5日から7日)の北米ボックスオフィスの順位に、大きな変化が生じている。

ベスト10圏内では、主演男優賞(ジェフ・ブリッジス)と助演女優賞(マギー・ギレンホール)でノミネートされている『Crazy Heart』(原題)が、興行成績前週比プラス54.5%で、14位から8位に浮上。上映館数が239館から3倍以上の819館に増え、アカデミー賞候補作としての大きな宣伝効果が現れている。

アカデミー賞関連の作品は小品が多いため、ベスト10の圏外に変化が大きいのも特徴だ。一番効果が大きかったのは、作品賞と主演女優賞(キャリー・マリガン)でノミネートされている『17歳の肖像』。上映館数が75館から10倍以上の761館に激増した結果、なんと前週比プラス540.6%とダントツで、33位から17位に上昇した。

他には、作品賞・監督賞(リー・ダニエルズ)・主演女優賞(ガボレイ・シディベ)・助演女優賞(モニーク)にノミネートされている『プレシャス』は、上映館数が222館から669館に増えて、前週比プラス120.4%、29位から20位に。『The Last Station』(原題)は、上映館数が9館から51館に増えて、前週比プラス296.7%、37位から23位に。『The Messenger』(原題)も、上映館数が28館から36館に増えて、前週比プラス16.8%、54位から48位と大健闘した。

残念ながら、『アバター』は徐々に上映館数が減ってきており、有力候補となっている『ハート・ロッカー』は、昨年夏に公開された作品のためトップ100圏内で特に大きな影響は見られなかった。【NY在住/JUNKO】

関連作品

  • プレシャス

    3.2
    0
    家族から性的、精神的虐待を受けた少女が立ち直ろうとする姿を描く人間ドラマ
  • 17歳の肖像

    3.2
    0
    年の離れた男性と恋に落ちた優等生が大人の世界を経験していく青春ドラマ
  • ハート・ロッカー

    3.4
    3
    「K-19」のキャスリン・ビグロー監督による米軍爆発物処理班の兵士を追った物語
  • アバター(2009)

    3.6
    3
    ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン主演のSF映画