• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 松坂桃李は“イヤミス”が似合う!?沼田まほかる作品で悲劇の青年&不倫男を演じ分け!
  • NEWS

松坂桃李は“イヤミス”が似合う!?沼田まほかる作品で悲劇の青年&不倫男を演じ分け!

2017年10月28日 8:00

近頃は、NHKの連続テレビ小説「わろてんか」での好演が話題になっている松坂桃李。ドラマや映画と、出演作が途切れることのない彼だが、実はこの1か月で“イヤミスの女王”と呼ばれる沼田まほかる原作の映画2本に出演。同じ原作者の作品で、正反対のキャラクターを見事に演じ分けているのだ。

手記の存在が人生を狂わす、悲劇の青年に!

『ユリゴコロ』で殺人者による手記の真相を探る亮介を演じる松坂桃李 | [c]2017「ユリゴコロ」製作委員会

まず1本目は、『ユリゴコロ』(公開中)。“人の死”を心の拠り所にしている女性の人生と、彼女を巡る人々の数奇な運命を描く。本作で松坂が演じているのは、現代パートで登場する亮介。殺人者の告白文がつづられたノートを発見し、そこから物語が始まるなど、本作を語る上で重要な人物となっている。

【写真を見る】婚約者・千絵(清野菜名)が忽然と消えてしまうなど、亮介に悲劇が襲う!(『ユリゴコロ』) | [c]2017「ユリゴコロ」製作委員会

殺人者の告白文に恐怖を感じながら、誰が何のために書いたのか真相を知りたがる亮介。その知りたいという欲求と殺人者への恐怖という相反する感情を、松坂は巧みに演じている。彼の持ち前の好青年風なイメージもあってか、どこにでもいそうな普通な青年役はピッタリ。さらに、婚約者が突然姿を消し、手記により人生を狂わせていく悲劇的な姿も妙にハマる。

ゲスな不倫男役で、危険な魅力を発揮!?

『彼女がその名を知らない鳥たち』では水島(松坂)と十和子(蒼井優)とのラブシーンも必見! | [c]2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

続いては、10月28日(土)より公開中の『彼女がその名を知らない鳥たち』。同居している男に嫌悪感を抱く女とその女に執着する男との、異様な愛をつづる。本作で松坂は蒼井優演じる十和子と体の関係を持つ男・水島役に。妻子持ちにもかかわらず他の女性に手を出すという、いわゆる不倫男である。

甘い言葉を囁く、危なげな男を体現する松坂。現実世界にもいそう!?(『彼女がその名を知らない鳥たち』) | [c]2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

「最近妻とはうまくいっていないんだ」などと話し、十和子と逢瀬を重ねる水島。松坂はそんな甘い言葉を次々に繰り出し、軽くて薄っぺらい男を丁寧に体現して見せる。演技と言えども思わず「チャラい!」とこぼしたくなるほど、いやらしく危険な香りがムンムン。さらに、自分の指を十和子に舐めさせたりと、蒼井とのラブシーンではアブノーマルな雰囲気も醸し出す。“こんな男いそう…”というリアリティを感じさせるのも松坂の魅力だ。

“イヤミス”が似合う俳優…というのは大げさかもしれないが、真逆とも言えるキャラクターに挑戦している松坂の演技を、この2作で見比べてみるのもおもしろい。今後も『不能犯』(18年2月1日公開)、『孤狼の血』(18年5月12日公開)、『娼年』(18年春公開)と多数の出演作が控えている松坂。ますます演技の幅を広げる彼の活躍から目が離せない!【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2017「ユリゴコロ」製作委員会| [c]2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会| [c]沼田まほかる/双葉社 [c]2017「ユリゴコロ」製作委員会| [c]2018「孤狼の血」製作委員会| [c]石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会| [c]宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 | [c]宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会| [c]沼田まほかる/双葉社 [c]2017「ユリゴコロ」製作委員会