• TOP
  • ニュース
  • 18禁映画『金瓶梅』の劇場で“おっぱいチョコ”贈呈!
  • NEWS

18禁映画『金瓶梅』の劇場で“おっぱいチョコ”贈呈!

2010年2月9日 15:15

ホワイトチョコとピンクチョコの色合いが艶めかしいおっぱいチョコレート
ホワイトチョコとピンクチョコの色合いが艶めかしいおっぱいチョコレート

究極の“性豪英雄伝”を映画化した香港発の官能映画『金瓶梅』(2月13日公開)がいよいよ封切られる。そこで2月14日(日)のバレンタインデーに渋谷のライズXに来場すると、全員に“おっぱいチョコレート(金瓶パイチョコ)”がプレゼントされるという朗報をキャッチ! それってどんなチョコなの!?

文字通り、おっぱいをかたどった、なんとも艶めかしいこのチョコレート。ホワイトチョコとピンクチョコの組み合わせが男性陣のハートをくすぐり、手にとれば思わずにんまりと鼻の下が伸びそう……。このチョコ、1人2つセットでもらえるというのもニクイ計らいだ。

『金瓶梅』の原作は、「三国志演義」「西遊記」と並ぶ中国四大奇書のひとつとされるインモラルな同名官能小説。その禁断書を完全映画化した『金瓶梅』は、大胆かつセンセーショナル内容で、すでにアジア各国で大ヒットを記録している。

製作・監督は『スー・チーのSEX&禅』(94)などを手掛けた、香港セクシー映画界を牽引するチン・マンケイ。また、若菜ひかる、早川瀬里奈、上原カエラ、森川由衣など、AVやグラビアで活躍する日本のセクシー女優たちの体を張った演技にも目がくぎ付けに。特に『天使の涙』(95)、『食神』(96)のアクション監督プーン・キンクァンが手掛けた、映画史上空前のワイヤー・アクションを駆使した“カンフー・セックス”は脳天直撃モノだ。

ということで、バレンタインデーはぜひ、おっぱいチョコレートと、むふふの18禁映画『金瓶梅』をダブルで堪能しにライズXへ。映画を観終わった後は、甘〜いチョコでしばし余韻に浸ろう。【MovieWalker/山崎伸子】

関連映画ニュース