• NEWS

蒼井優が安藤サクラ&満島ひかり&宮崎あおいとの共演懇願!会場、大拍手

2017年10月25日 20:59

安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮崎あおいが揃って登場!

10月25日に第30回東京国際映画祭が開幕。EXシアター六本木でオープニングセレモニーが行われ、第30回記念特別企画「Japan Now 銀幕のミューズたち」にて出演作が上映される安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮崎あおいが揃って登場。日本映画シーンを牽引するミューズ4人が、その美しさで会場を魅了した。

アニバーサリーイヤーを迎えた今年の東京国際映画祭。Japan Now部門女優特集「Japan Now 銀幕のミューズたち」では、スクリーンで輝く現代のミューズ4人を招き、同世代でありながら、別々の個性を持つ4人の女優たちの最新作やターニングポイントとなった作品を上映する。

“1985年組”と蒼井が表する、この同世代の4人が一堂に会することは貴重な機会。安藤は「絶対に今までこんなふうに揃うことはなかったですし、これからもなかなかない機会。『楽しんじゃおう』という気持ちでここに立たせていただいています」とニッコリ。蒼井は「30代になってから特に、同世代の役者さんがいることを心強いと感じていた。この4人を使って監督をしようという方がいらっしゃればといいなと思います」と4人での共演を願い、会場から大きな拍手を浴びた。

満島が「みんなのお芝居がすごく大好き。自然やその場の空気、その日のものを自分の力に変えて表現するようなステキな俳優さんたち」と目を輝かせると、宮崎も「先ほどレッドカーペットを歩かせていただいて、とても活気があった。このお祭りに参加できていることを改めて幸せに感じました。この4人でここに立てるということが、すごく光栄」と感激しきりだった。

ニコニコと笑顔を見せ合いながら、お互いへのリスペクトを語った女優陣。安藤は「この方々を見て育った。私にとって、開拓者のような存在」と3人を見渡し、「ライバル?そういうのはないですね。裏でもリラックスして、しゃべりすぎちゃった」と仲の良い様子を明かしていた。

蒼井は「私はデビューした頃に、あおいと何回かお仕事させていただいて」と宮崎の方を見つめ、「20代はバラバラにお仕事をしていた。30近くなって、ひかりちゃんやサクラちゃんと出会ってお仕事できた。“85年組”の女優さんがすごく好き。地道にやっていたら、こういう場所で再会できるんだなと思った」と同じステージに立てた格別な喜びを語っていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画ニュース

[c]2017 TIFF| [c]2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.