• NEWS

セクシー・シーンを封印!“女優”みひろの活躍に注目!!

2010年2月8日 19:21

多方面で活躍中のみひろの、“女優”としての一面が光る秀作が登場
多方面で活躍中のみひろの、“女優”としての一面が光る秀作が登場[c]2009アムモ

バラエティーや映画でも活躍するセクシー・アイドルのみひろが、最新出演作『ランニング・オン・エンプティ』(2月20日公開)で、「男たちを振り回し、物語をとんでもない方向へと引っ張っていく」という重要な役どころを演じ、“女優”としてひと皮向けた姿を見せている。

バラエティー番組「ゴッドタン」(テレビ東京系)の“キス我慢選手権”でコケティッシュな魅力で男性陣を悩殺する一方、『SRサイタマノラッパー』(09)ではキュートなヒロイン役を演じ切り、女性からの人気も高いみひろ。最近では「おねだり!!マスカット」(テレビ東京系)内のユニット、恵比寿マスカッツで歌手デビューも果たすなどまさに人気絶頂だ。

そんなみひろが本作で演じるのは、何をやっても中途半端で、毎日をダラダラ過ごすだけの主人公・ヒデジを困らせるべく、バカバカしい陰謀を企てるヒロイン・アザミ。劇中にはヒデジの他にも、趣味が筋トレのインドア男・祐一や、ヒデジのファンを名乗る謎の男・まさおちゃんなど、アクの強いキャラが続々登場。劇中では、アザミがそんなグダグダ男たちを振り回す姿がコミカルなタッチで描かれているのだ。

こういう風に書くと、持ち前の小悪魔な魅力を存分に振りまいているようだが、今回の作品では本来のウリであるセクシー・シーンを封印し、あくまで演技力勝負に挑んでいる。確かにこれまでの作品でも“セクシーアイドル”の一言では済ませられない演技派ぶりを見せてくれていたが、本作はみひろが女優として勝負に出た一作と言っても過言ではない。

今後、彼女のフィルモグラフィにしっかりと刻まれるだろう本作で、“女優”みひろ誕生の記念すべき瞬間を見逃すな!【トライワークス】

関連映画ニュース