VR映像で新時代を創りだせ!革新的アイデアを競うコンペティションが開幕 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

PR 2017/10/21 1:01

VR映像で新時代を創りだせ!革新的アイデアを競うコンペティションが開幕

いま、猛烈な勢いで拡大を続けるVR(仮想現実映像)市場。昨年10月のPlayStation VRの発売以降、未来の技術であったVRは徐々に家庭向けにシフトしてきており、専用のゴーグルを装着することで周囲を360度見回せ、自分視点で空間を楽しめるVRは、狭小住宅に暮らす現代人にとって、まさにうってつけの娯楽と言える。

近年、映画業界においても、3D、4DX、IMAXなど、映画を体感・体験するというスタイルが定着し、VRの波が押し寄せようとしている。事実、今年の夏に開催された、世界三大映画の一つであるヴェネチア国際映画祭では、VR部門が新設され、世界各国からVR映画が集まり話題を呼んだ。

また、VRコンテンツの専用施設である“IMAX VR エクスペリエンスセンター”がロサンゼルス、ニューヨーク及び上海にオープンし、今後数か月内に世界の他の地域にもオープンすることが決定している。

このように、まさにVRによる映像革命元年と言える2017年、日本の若手クリエイター達を対象に、従来の枠にとらわれない、斬新なストーリーとVRの融合“シネマティックVR”の企画を競う“シネマティックVRアイデアコンペティション2017”が開催される運びとなった。

募集要項は非常に明快で、15歳以上であれば誰でも応募でき、実写映像のアイデアで、テーマは「冒険」、「無重力」、「タイムスリップ」、「蘇り」、「モンスター」の5つから選べばよいと言うものだ。

グランプリである優秀アイデア賞を獲得すれば、賞金20万円および、映像化される権利が得られ、完成した作品は特設サイト上で公開されるほか、イベント・専用施設等での公開も検討されている。

この機会に、頭の中に眠らせていた、夢のようなアイデアを具現化してみるのはどうだろう。映像の新時代を切り開くのは、あなたかも知れない!【Movie Walker】

【「シネマティックVRアイデアコンペティション2017」開催概要】

■募集期間
2017年10月14日(土)~11月6日(月)PM12:00まで

■参加資格
本コンペティションへのご参加は15歳以上であればどなたでもご応募できます。

■応募内容
・実写化を想定した企画(実写ベースでCGやアニメを合成する、一部シーンに使用するのは可)
・ドラマ映像部分の尺は10分程度を想定した企画

■募集テーマ(下記よりテーマをお選びください)
①「冒険」 ②「無重力」 ③「タイムスリップ」 ④「蘇り」 ⑤「モンスター」
※1人につき3企画まで (同じテーマで複数応募は不可)
【求めているアイデアとは】
ショートストーリーとVR映像がシンクロし、映画のような(シネマティックな)感情移入ができる新たな映像表現。ゲームVRとは一味違う、斬新かつユニークなショートストーリー、「感動するVR、泣けるVR、大爆笑のVR、戦慄のVR・・・」など

■本コンペティションの問い合わせ先(メールのみの受付)
メールアドレス:vr_info@nbcuni-cp.jp
キャンペーンサイト:http://nbcuni-cp.jp/themummy/#vr
個⼈情報保護⽅針について:https://pro.form-mailer.jp/fms/e53b95a5131851