• NEWS

声優・桑島法子、古代進と森雪は「稀有なカップル。憧れますが…」

2017年10月14日 11:44

第三章「純愛篇」が公開!
第三章「純愛篇」が公開!

不朽の名作をリメイクした『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編を劇場で上映する『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」』の初日舞台挨拶が10月14日に新宿ピカデリーで開催され、森雪役の桑島法子、音楽の宮川彬良、監督の羽原信義、シリーズ構成の福井晴敏が登壇。桑島が、主人公・古代進と森雪について「稀有なカップル」と表現した。

本作は、1978年に公開され、日本全土を熱狂させた『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、再びヤマトで戦う事になる乗組員たちの姿を描く物語。この日の司会は、桐生美影役の中村繪里子が務めた。

宮川は「ショックなくらいに面白かった」と完成作を大絶賛。森雪役の桑島は、「二章の頭の方でいなくなりまして。不安な日々を過ごしておりました」と演じた役柄ならではの不安な思いを吐露しつつ、「数回観ただけでは味わいきれない、すごく大きな作品」と改めて作品の持つパワーを噛み締めていた。

劇中、あらゆる愛の形が描かれる本作。桑島は「“三章でひとつの山場が来る”という話を福井さんからいただいていた。“こんなことを三章でもうやってしまうんだ”と思った」と今回も劇的な展開となることを聞いていたそう。「福井さんと一緒に取材を受けるなかで、色々と深い裏側の話を聞いた。“そういう古代と雪なんだな”と思ったときに、“その辺にいるカップルじゃないんだな”と改めて思った。稀有なカップル」と古代と雪の愛について語り、「憧れますけど、自分ではなかなかできないかなぁ」と苦笑いを見せていた。

また、「三章もすごい終わり方でしたでしょう?あの方が登場して、四章もまた展開が読めないです。私たちも現場で驚きながらアフレコしています」と次回作をアピールした桑島。キャラクターをデザインしたスカイマークの機体「ヤマトジェット」が運航中だが、それにも乗ったといい、「プライベートで行ってまいりました。どこに飛ぶのかな?と思ったら、鹿児島行きだった。特に目的はなかったんですが、“ヤマトジェット”に乗るために鹿児島まで行ってきました」と大きな“ヤマト愛”を明かしていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース