• GOSSIP

『アバター』で再ブレイクのC・ウィーヴァー、還暦でストリッパー役に挑む!

2010年1月27日 9:48

60になってもセクシー女優 | [c]GLOBE PHOTOS/AFLO

『エイリアン2』(86)から23年、快進撃を続けている『アバター』で再びジェームズ・キャメロン監督とタッグを組み、再び世の中の注目を集めているシガニー・ウィーヴァーは何と還暦。それでもアバター役のお次はストリッパー役(タイトル未定)に挑戦するというから、アラ60パワー全開だ。

シガニーのブレイク作といえば、やっぱり『エイリアン』(79)。『エイリアン2』ではアカデミー賞主演女優賞にノミネートされており、『愛は霧のかなたに』(88)、『ワーキング・ガール』(88)でそれぞれ同主演女優賞、同助演女優賞にダブル・ノミネートされたこともある。しかし、『エイリアン4』(97)以降、その存在感は影を潜めていた。

『アバター』の大ヒットを受け、彼女の存在が改めて世間に知られることになった。そうなれば、オファーが舞い込んでくるのがハリウッドの仕組み。当の本人は、「昔よりどんどん自分がセクシーになっていっている気がするわ。年齢でオファーされる役柄が変わってきたなんて思わないし、若くふるまう必要なんて全然感じない」「できれば100歳まで生きたいと思っているの。ジェームズ・ディーンみたいに若くして亡くなって永遠にその名を残しても、意味がないもの」と極めて強気。

確かにシガニーは、若いときに可愛い役をもらうタイプでなかったが、若さにとり付かれているハリウッドでは稀有な存在として、60歳からの再ブレイクを応援したい!【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース