• TOP
  • ニュース
  • 市原隼人が『猿ロック』ヒット祈願で見せた羽織袴姿
  • NEWS

市原隼人が『猿ロック』ヒット祈願で見せた羽織袴姿

2010年1月25日 21:14

『猿ロック THE MOVIE』のヒット祈願をした市原隼人
『猿ロック THE MOVIE』のヒット祈願をした市原隼人[c]2010「猿ロック」製作委員会

市原隼人の主演ドラマを映画化した『猿ロック THE MOVIE』(2月27日公開)のヒット祈願が、1月25日(月)に大阪・豊国神社にて行われた。

このヒット祈願は、市原扮する主人公の天才カギ師・猿丸耶太郎の通称“サル”にちなみ、“サル”と呼ばれた天下人・豊臣秀吉公がまつられている大阪城敷地内の豊国神社で執り行われたもの。小雨の降る悪天候にもかかわらず集まったファン350人の前に、祈願し終えた市原が羽織袴姿で登場。撮影に入った主演映画『BOX! ボックス!』で人生初の丸刈りをした姿を見せた。

大阪の印象を聞かれた市原は、「『猿ロック』も下町で展開していくストーリーなんですけど、大阪も下町で似ている部分があると思いました」と感想を述べた。また、礼装については、「こういう神聖な場所でお祈りさせていただくので、きちんとした格好で来たいと思い、自分からお願いしました」と気持ちを込める。

本作について、「本当の正義は何か見つめていく映画です。本当に世の中、何が良くて何が悪いか分からなくなっていて。でも何か一つだけ、みんなが共通して肩を組んで笑えることがあるんだと追求している映画です。本当に真っすぐな映画です」とアピールした。

女性には弱いけど、バツグンの腕前を持つ天才カギ師の活躍を描く本作。1月20日にはドラマ版のDVD-BOXが発売されたので、観ていない回がある人、見逃してしまった人は復習しておこう。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース