• NEWS

まるでバロック絵画を再現!極上の映像美にとことん酔いしれる

2010年1月30日 14:44

孤高の画家・カラヴァッジョの生涯を描いた話題作がいよいよ公開! | [c] 2007 RAI FICTION - TITANIA PRODUZIONI - INSTITUT DEL CINEMA CATALA’- EOS ENTERTAINMENT - GTM PRODUCTIONS

徹底した写実描写、劇的な明暗対比や感情表現で「聖マタイの召命」「果物かごを持つ少年」など数々の傑作を遺し、多くの人々を魅了した16世紀のイタリアを代表する画家カラヴァッジョ。『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』(2月13日公開)はカラヴァッジョの真実の姿を描くストーリーだが、その映像自体がまるで16世紀のバロック絵画のようなのだ。

本作で撮影を手掛けるのは、カラヴァッジョを生涯の師として仰ぐほど心酔している名匠ビットリオ・ストラーロ。『地獄の黙示録』(79)、『レッズ』(81)、『ラストエンペラー』(87)と3度のアカデミー賞に輝く“光の魔術師”であるストラーロは、カラヴァッジョの絵画の特性を詳細に研究。絵筆をカメラに置き換えて、色彩、照明からカメラポジションに至るまで「カラヴァッジョ的」世界を再現し、絵画と映画の完璧な融合を実現している。

情熱的に愛し、自身の信念を貫くために闘いを挑み、そのために多くの敵を作ったというカラヴァッジョ。ある時は時代の寵児に、ある時は反逆者の烙印を押された画家の真実の姿を描く本作を、美術館へ名画を見に行く気分で楽しみ映像美に酔いしれよう!【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c] 2007 RAI FICTION - TITANIA PRODUZIONI - INSTITUT DEL CINEMA CATALA’- EOS ENTERTAINMENT - GTM PRODUCTIONS| [c]2007 RAI FICTION - TITANIA PRODUZIONI - INSTITUT DEL CINEMA CATALA'- EOS ENTERTAINMENT - GTM PRODUCTIONS| (c)2001 Navigator Films