• NEWS

ド派手で華麗なカーアクションはこうして生まれた!『ベイビー・ドライバー』の裏側に迫るメイキング映像が解禁

2017年8月24日 17:40

アルセン演じるベイビーは、音楽を聴くことで“若き天才ドライバー”へと覚醒する
アルセン演じるベイビーは、音楽を聴くことで“若き天才ドライバー”へと覚醒する

『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04)や『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』(10)などを手がけたイギリスの鬼才エドガー・ライト監督が、軽快な音楽とカーアクションを融合させた『ベイビー・ドライバー』(公開中)。

主人公“ベイビー”は卓越したドライビングテクニックで、音楽に合わせるように車を自在に操る。見る者を圧倒する華麗なカーアクションシーンは、どのようにして制作されたのか、今回解禁となったメイキング映像から探っていく。

メイキングでアンセルがドリフトの特訓するダッジ ・チャレンジーSRT
メイキングでアンセルがドリフトの特訓するダッジ ・チャレンジーSRT

ベイビー役を務めたアンセル・エルゴートは、本作のためにカー・スタントを学んだという。今回のメイキング映像でも、アンセルが真っ赤なダッジ ・チャレンジャーSRTでドリフトの特訓する姿が確認できる。実際にアンセルが運転することを許されたカーアクションシーンは2つだけだったそうだが、彼がどのような操作をすれば、車がどう動くかを理解していたからこそ、スタントの運転と完璧に連動した演技で“若き天才ドライバー”ベイビーという役に説得力を持たせることができたのだ。

妥協しないプロフェッショナルたちによって生み出された『ベイビー・ドライバー』
妥協しないプロフェッショナルたちによって生み出された『ベイビー・ドライバー』

また、本作ではCGがほとんど使われていないことに驚かされる。車や場所、俳優も実物にこだわり、見たこともない離れ業満載のカーアクションシーンを、スタントマンが実演している。

エドガー・ライト監督が、本作との楽曲被りがないか確認したという『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のジェームズ・ガン監督。彼は先日、スタントをすべて自分でやったことにする俳優たちに苦言を呈したが、今回のメイキング映像を見れば、その気持ちも理解できる!?【Movie Walker】


関連映画

関連映画ニュース