• NEWS

“ブサかわ”ブルドッグの主役を食った名演技が超キュート!

2017年8月21日 13:48

わさわさの毛とつぶらな瞳で「ブサイクなのにかわいい」と話題になった秋田犬“わさお”をはじめ、いわゆる“ブサかわ”動物が人気になるなか、アメリカ映画から、これまた強力なブサかわキャラが登場した。

愛犬マーヴィンを演じたブルドッグのネリーは、実は女の子 | Photo by MARY CYBULSKI [c]2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.

ジム・ジャームッシュ監督、4年ぶりの新作映画『パターソン』(8月26日公開)に登場する、ブルドッグのマーヴィンだ。大活躍の若手個性派アダム・ドライバーが演じるバス運転手・パターソンの飼い犬として、相棒を務めている。劇中では大きな口を開けてあくびする顔や気の抜けた寝姿、目をパチパチする寝起きシーンなど、愛らしい姿を存分に披露。

パターソンの愛妻ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)に、恋してる? | Photo by MARY CYBULSKI [c]2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.

だが、マーヴィンの本当の魅力は「かわいい~!」だけでは済まないそのクセ者キャラ。パターソンの美しい妻ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)を愛するオス犬として、彼に嫉妬しているマーヴィン。パターソンが近寄るとうなり声をあげたり、小馬鹿にしたような表情を見せる。

【写真を見る】大柄のアダム・ドライバーを勢いよく引っぱるネリー | Photo by MARY CYBULSKI [c]2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.

パターソンとのお散歩では言う通りには歩かず、大柄な飼い主をひっぱりマイペースで進む。しかも、そのいたずら能力は天才的で、見つかってローラに怒られると思うとそそくさと逃げ隠れ。まるで人間のように机に頭を突っ伏して見せるふてくされたような顔は、なんともオモシロかわいい。

クリっとした目と垂れた口元もかわいすぎる! | Photo by MARY CYBULSKI [c]2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.

主役を超えるほどの存在感を発揮するこの“難役”を演じたのは、元保護犬の“女の子”ネリー。多くの犬の中からユニークな声で自分を表現できるとして選ばれたネリーは、監督からも「とてもよい即興詩人だった」と絶賛されている。2016年のカンヌ映画祭では、演技が光る俳優犬に贈られる、名誉ある“パルムドッグ賞”を受賞している。

豊かな表情がすべてを物語る、ネリーの名演は必見! | Photo by MARY CYBULSKI [c]2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.

グーグーすやすや、無防備な寝顔に癒される… | Photo by MARY CYBULSKI [c]2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.

飼い主と妻と愛犬による、何気ない日常を、詩と共に美しくつづる『パターソン』。ブサかわ犬マーヴィンは登場するたびに観る者をクスッと笑わせ、物語に甘みとユーモアを与えてくれる。動物好きも、そうでない人も鑑賞後はきっと彼のファンになってしまうはず。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

Photo by MARY CYBULSKI [c]2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.| [c]2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH| (C)Mitsuaki Iwago| (C) Mitsuaki Iwago| [c]2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.