• NEWS

漫画も映画も期待大!“のだめ”旋風はまだまだ続く!!

2009年12月05日 18:33

番外編となる「アンコール オペラ編」がどういった展開になるのか、今から楽しみだ | [c]二ノ宮知子/講談社

「Kiss」10月号でその長い物語に幕を閉じ、先月27日にはコミックス最新刊も発売された「のだめカンタービレ」。最終回で綴られた、変わらない2人のへんてこな愛に感動した人も多かったはず。そんなファンに朗報なのが、12月10日(木)発売の同誌で「のだめカンタービレ」の番外編「アンコール オペラ編」の連載が始まることだ。

物語の詳細は明らかにされてはいないが、「アンコール オペラ編」というタイトルから考えるに、千秋がオペラに深くかかわっていく物語になると推測。事実、コミックスの終盤で千秋は、幼い頃から尊敬するヴィエラ先生のもとでオペラのアシスタントを務めている。また、コミックスでのパリ編が始まった時、千秋とのだめが一番先に出向いたのは新オペラ座だった。

と、探し始めればキリはないが、漫画全体でオペラに触れている箇所は多々あるので、最初から、作者・二ノ宮知子はオペラのことを書きたかったのではないか、とファンならつい深読みしてしまう。ただ、この番外編で、オペラもやりたいと夢見てきた千秋に何かしらの変化が訪れるのは間違いない。そこに、のだめがどうかかわってくるのか、それも楽しみだ。

12月19日(土)からは映画版『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』が公開。マルレ・オケの常任指揮者となった千秋と、ピアノの勉強に励むのだめの姿が描かれるが、どこまで漫画の世界を忠実に再現しているのか要チェックだ。フィナーレに向けて動き出した映画版、まだまだ終わらない漫画、両方の“のだめ”をこの冬、ぜひ堪能してほしい。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]二ノ宮知子/講談社 | [c] 2009 フジテレビ・講談社・アミューズ・東宝・FNS27社| [c]二ノ宮知子/講談社| [c]2009 フジテレビ・講談社・アミューズ・東宝・FNS27社| イラスト/中村佑介 [c]四畳半主義者の会| (C)二ノ宮知子・講談社/のだめカンタービレ3製作委員会| [c]東京マグニチュード8.0 製作委員会| [c]WOWOW