• NEWS

『アバター』に登場する青いキャラクターは一体何者?

2009年11月29日 10:34

人間の3倍くらいの大きさの“アバター” | [c]2009 TWENTIETH CENTURY FOX

テレビCMや特別映像が公開され、徐々にその姿が明らかになってきた『アバター』(12月23日公開)。本作に登場する“青い皮膚をしたキャラクター”は一体何者なのだろうか?

『アバター』は、とてもファンタジックな世界。さまざまな設定があるが、中でも基本設定と言えるのが、この“アバター”だ。劇中には、衛星“パンドラ”という別世界が存在し、そこにはナヴィと呼ばれる知的生命体が住んでいる。このナヴィのDNAと人間のDNAを掛け合わせたのが“アバター”なのだ。

この“アバター”は人間の3倍くらいの大きさがある。キャメロン監督は、“大きな体”について、撮影において特に苦労はしなかったというが、「15年ほど前、初めて“アバター”について考え始めた時は、森林の中で撮影をして、そこにアバターを入れこもうと思っていた。だが、考えるにつれて、森もすべてCGで作ったほうがいいと思うようになった」と、時を追うにつれ制作アプローチに変化があったようだ。

SF小説を小さい頃から愛読していた監督が作り上げた世界は、まだまださまざまなキャラクターや設定があり、想像が入り交じる不思議世界になりそうだ。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2009 TWENTIETH CENTURY FOX| [c]2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.| [c]ショック・ラビリンス・フィルム・コミッティ2009