『鬼滅の刃』が10週連続でランキング1位を達成!『約束のネバーランド』も好スタート |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/12/24 22:00

『鬼滅の刃』が10週連続でランキング1位を達成!『約束のネバーランド』も好スタート

2020年も残すところ2週間弱となった12月19・20日の週末映画動員ランキング。注目の『鬼滅の刃』ははたしてどこまで記録を伸ばしたのか?

『鬼滅の刃』が歴代興収1位に向けてあと一歩!

もはや1位であることが当たり前になってしまった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。土日2日間で動員28万2000人、興収3億9000万円をあげ10週連続で首位を達成した。これは、従来の最高記録だった9週連続1位の3作品『ハウルの動く城』(04)、『アバター』(09)、『君の名は。』(16)を超えたトップ記録。
気になる累計の数字は、動員2317万人、興収311億円を突破したが、歴代1位の『千と千尋の神隠し』(01)が今年のリバイバル上映分8.8億円を追加して316.8億円となったため、現時点では2位に留まっている。しかし、早ければ次週の発表で19年ぶりの歴代首位交代となりそうだ。

展覧会も開催中の『約束のネバーランド』の実写版は初登場3位に

新作でトップになったのは、動員21万9000人、興収2億8800万円をあげた『約束のネバーランド』。初日から3日間の累計では動員28万4000人、興収3億7300万円をあげるヒットスタートを切っている。今年6月まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、テレビアニメ化もされた人気コミックを浜辺美波、北川景子らの共演で実写化した。
現在、原作コミックの展覧会「連載完結記念 約束のネバーランド展」が六本木ヒルズ展望台の東京シティビュー スカイギャラリーで開催されているほか、2021年1月からはテレビアニメ第2期の放送も決まっているなど、作品の盛り上がりがそのまま映画の動員にもつながったようだ。

【写真を見る】浜辺美波が熱演!『約束のネバーランド』が初登場3位に
【写真を見る】浜辺美波が熱演!『約束のネバーランド』が初登場3位に[c]白井カイウ・出水ぽすか/集英社 [c]020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

このほか新作では、『劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本/劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』は5位、世界的に大ヒットした『ワンダーウーマン』(17)の続編『ワンダーウーマン 1984』は6位という結果に。
最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(21年1月23日公開)に向けて、『:序』(07)、『:破』(09)に続いてリバイバル公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(12)は10位に入り、3作すべてがトップ10入りを果たした。

『ワンダーウーマン 1984』は初登場6位
『ワンダーウーマン 1984』は初登場6位[c]2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & [c]DC Comics

今週末の公開作品では、人気アニメ「ポケットモンスター」の劇場版第23作『劇場版ポケットモンスター ココ』、2003年に実写映画化もされた田辺聖子の代表作を劇場アニメ化した『ジョゼと虎と魚たち』といったタイトルが控えている。
『鬼滅の刃』がついに歴代興収1位を達成するか否かにも注目しつつ、今年最後の週末動員ランキングの動向を追いたい。

文/サンクレイオ翼

下は、1~10位までのランキング(12月19・20日)
1位 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
2位 新解釈・三國志
3位 約束のネバーランド
4位 STAND BY ME ドラえもん 2
5位 劇場短編 仮面ライダーセイバー/劇場版 仮面ライダーゼロワン
6位 ワンダーウーマン 1984
7位 滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie
8位 天外者
9位 劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-前編 Wandering; Agateram
10位 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
※興行通信社調べ

関連作品