中川大志&清原果耶がそろって登壇!アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』中川は「ジョゼのギャップに“キュン”」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/12/18 20:03

中川大志&清原果耶がそろって登壇!アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』中川は「ジョゼのギャップに“キュン”」

芥川賞作家の田辺聖子による青春恋愛小説を劇場アニメ化した『ジョゼと虎と魚たち』(12月25日公開)の公開直前クリスマスイベントが12月18日に都内で開催され、声優としてダブル主演を務めた中川大志と清原果耶がそろって登壇。一緒に行ったアフレコ収録でのエピソードや、来年新しく挑戦したいことをそれぞれ披露した。

2003年には実写映画化されて話題を呼ぶなど、名作としていまなお根強い人気を誇る同作。今回のアニメ化では『おおかみこどもの雨と雪』(12)で助監督を務めたタムラコータローが監督を務め、「僕のヒーローアカデミア」などのボンズがアニメーション制作を手掛ける。幼いころから車椅子で自分の世界を生きるジョゼ(声:清原果耶)と夢を追いかける大学生の恒夫(声:中川大志)。偶然出会った2人は、ぶつかり合いながらも次第に心の距離を縮めていく。

『ジョゼと虎と魚たち』公開直前クリスマスイベントに登場した中川大志
『ジョゼと虎と魚たち』公開直前クリスマスイベントに登場した中川大志

さっそく本作の見どころについて聞かれた中川は、「自分がこの作品に携わってやれたことというのはとてもちっぽけなことで、たくさんのアニメーターの方がキャラクターや映像を作り上げてらっしゃる。そのなかの一人になれたことを誇りに思います。映像が綺麗で感動しましたし、アニメーションて素晴らしいなと。大きなスクリーンで観てほしいです」と真剣な眼差しで語り、清原も「本編を通して観た時に、なんて美しいんだろうと素直に感動しました」と、その出来栄えに自信をのぞかせた。

『ジョゼと虎と魚たち』公開直前クリスマスイベントに登場した清原果耶
『ジョゼと虎と魚たち』公開直前クリスマスイベントに登場した清原果耶

大学生の恒夫と演じた中川は同年齢となり、中川も「自分と同い年ということで、これまで演じた役の中では一番自分に近い等身大のキャラクターだと思いました」と述懐。普段の自分の話し方に近いニュートラルな形を意識したといい、似ている部分についても「負けず嫌いで頑固、やると決めたことはやるタイプだったり」とたくさんのポイントをあげ、さらに「ジョゼはギャップのある女の子ですけど、僕もギャップには弱いので(笑)。すごく共感していました」と笑顔で告白した。

アフレコ収録でのエピソードも披露!
アフレコ収録でのエピソードも披露!

声の共演は今回が初めてとなる2人。アフレコは一緒に隣に並んで2日間ほどで収録したといい、清原は「一人じゃイメージしきれない部分もあるので助かりました」と回顧。中川も「普段は役者として映像をやってる人間が、声優さんの中に一人で入っていくってすごく不安なので、そういう部分も共有して乗り越えられて安心感がありました」と明かす。さらにあるシーンで「清原さんが実際にどういう声が出るのかとスタジオブースの中を匍匐前進していて…実際に取り組んでいてすごいなと。ひたむきにジョゼと向き合っていて、ストイックだと思いましたね」と収録中のエピソードも明かした。

“来年新しく挑戦したいこと”を書いたオーナメントをツリーに飾り付け!
“来年新しく挑戦したいこと”を書いたオーナメントをツリーに飾り付け!

大阪が舞台となりジョゼも関西弁を話すが、自身も大阪出身の清原は「お仕事で関西弁を求められることがあまりないので、不思議な感覚はありました」と明かし、中川も「清原さんに関西弁を喋っているイメージがなかったので新鮮でした」と吐露。さらに「ジョゼが周りに対して攻撃的な女の子なので、ふとした時に見せる弱い、弱ってる時の関西弁がすごくキュンとしました(笑)。かわいかったですね、ギャップです!」と語る場面も。

来年は“空手”に挑戦したいと明かした清原果耶
来年は“空手”に挑戦したいと明かした清原果耶

続いてそれぞれが“来年新しく挑戦したいこと”を披露。「日記をかくこと」と回答した中川は「1年がめまぐるしく流れていきますし忘れっぽいので、書き留めておいて、この時こういう感情があったなとか、のちのち芝居の役に立つかもしれない。あえてここで言ったろと思ったんです(笑)。有言実行で!」と固く宣誓。いっぽう「空手」と回答した清原は、小学1年生でクラシックバレエをやっていたものの本当は空手がやりたかったと明かし「機会があれば空手を人生で経験しておきたい。アクションが好きなので、やりたいですね」と今後の抱負も明かした。

最後には中川が「今年は大変な一年でしたが、映画館でゆっくり癒されるような優しい映画になったと思いますので、ぜひ映画館に観に行っていただけたら」と呼びかけ、清原も「ジョゼと恒夫が出会って展開していくストーリーがすごく愛に満ちていて、つながりっていいなと思わせてくれるシーンが数々ある作品。ぜひ一人でも、大切などなたかとも観ていただけたらうれしいです」と笑顔でアピールした。


『ジョゼと虎と魚たち』公開記念スペシャルサイトで感想&記事をイッキ読み!

関連作品