享楽的な“ビーチ”で、水着美女が入り乱れる…「今際の国のアリス」場面写真を大放出! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/12/20 20:30

享楽的な“ビーチ”で、水着美女が入り乱れる…「今際の国のアリス」場面写真を大放出!

「週刊少年サンデー」で新章の連載もスタートした麻生羽呂の同名大ヒットコミックスを、「GANTZ」シリーズや『BLEACH』(18)で知られる佐藤信介監督のメガホンのもと、山崎賢人と土屋太鳳のダブル主演で実写化したNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」。
12月10日に全世界同時配信されるや話題沸騰中の本作から、物語の謎を解くカギとなるかもしれない“ビーチ”の場面写真が一挙に解禁された。

若者たちは皆ナイトプールで大盛り上がり!
若者たちは皆ナイトプールで大盛り上がり![c]麻生羽呂・小学館/ROBOT

本作は人生に夢や生きがいを見出せずに鬱々とした日々を送るアリス(山崎)と、どんな苦境でも“生きる意味”を探しつづけるウサギ(土屋)が、謎の世界“今際の国”で生き延びるために理不尽な現実に挑む姿を描いた物語。

突然街が無人化!?迷い込んだ“今際の国”で理不尽な“げぇむ”の幕が上がる
突然街が無人化!?迷い込んだ“今際の国”で理不尽な“げぇむ”の幕が上がる[c]麻生羽呂・小学館/ROBOT

親友のチョータ(森永悠希)とカルベ(町田啓太)と渋谷に繰り出したアリス。しかし突然街は無人と化し、様々な“げぇむ”をクリアしなければ生き残ることができない“今際の国”に迷い込む。そこで仲間を作らずに独りで“げぇむ”に挑みつづけるクライマーのウサギと出会うアリス。命をかけるという体験を通して彼らは、“生きること”に正面から向き合うことに…。

創りだしたのは強烈なカリスマ性を持つボーシヤ
創りだしたのは強烈なカリスマ性を持つボーシヤ[c]麻生羽呂・小学館/ROBOT

このたび解禁されたのは「SEASIDE PARADISE TOKYO」というホテルの入り口に赤いスプレーで“ビーチ”と記された看板の向こうに広がる謎に包まれた場所で享楽的に入り乱れる若者たちの姿を収めた場面写真の数々。強烈なカリスマ性で“ビーチ”を創設したボーシヤ(金子ノブアキ)が盛大に見送られながらオープンカーで駆け抜けていくカットや、圧倒的な力で“げぇむ”を制圧する武闘派のアグニ(青柳翔)とボーシヤが睨み合う場面などなど。

“げぇむ”を制圧する武闘派アグニとボーシヤが睨み合う…2人がキーポイントに!?
“げぇむ”を制圧する武闘派アグニとボーシヤが睨み合う…2人がキーポイントに!?[c]麻生羽呂・小学館/ROBOT

さらにはミステリアスな色気を漂わせる村上虹郎演じるチシヤの姿や、チシヤと手を組むクイナ役を演じる朝比奈彩、合理的で理性的に“げぇむ”に挑むアン役の三吉彩花、周囲に翻弄される女子高生のアサヒ役の吉田美月喜らの姿も。注目の若手俳優たちの熾烈な演技バトルに手に汗握ること間違いなしだ。

理性的なアン役を演じているのは三吉彩花
理性的なアン役を演じているのは三吉彩花[c]麻生羽呂・小学館/ROBOT

チシヤと手を組むクイナ役の朝比奈彩
チシヤと手を組むクイナ役の朝比奈彩[c]麻生羽呂・小学館/ROBOT

はたしてアリスとウサギはこの“ビーチ”で理不尽な“げぇむ”から抜け出す手がかりを見つけることができるのか…。原作ファンが太鼓判を押すほどのクオリティで再現されたビジュアル世界を、その目で堪能してほしい。

Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」は全世界配信中!
Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」は全世界配信中![c]麻生羽呂・小学館/ROBOT

文/久保田 和馬

※初出時より、記事内の記述を一部変更しました。
※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記。