綾野剛主演『ホムンクルス』に成田凌、岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽が出演!特報も解禁 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/12/11 18:00

綾野剛主演『ホムンクルス』に成田凌、岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽が出演!特報も解禁

山本英夫の伝説的カルト漫画を、『樹海村』(2021年2月5日公開)の清水崇監督が『ヤクザと家族 The Family』(2021年1月29日公開)の綾野剛の主演で実写化した『ホムンクルス』(2021年4月2日公開)。同作よりメインキャストと特報映像、ティザーポスターが解禁。新たに成田凌、岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽の出演が発表された。

【写真を見る】綾野演じる名越の姿が写るティザーポスターも
【写真を見る】綾野演じる名越の姿が写るティザーポスターも[c]2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

第六感が芽生え、人間の深層心理が視覚化する能力を得た男、名越進(綾野)が、心に闇を抱える人々と交流していく様子を描いたサイコミステリー。同作で名越へ頭蓋骨に穴を開ける手術“トレパネーション”をすすめる不気味な医学生、伊藤学役に成田が抜擢。『カツベン!』(19)やNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演し、演技力に定評がある成田が重要な役どころに挑む。

また『愛がなんだ』(19)、『空に住む』(20)など話題作への出演が相次ぐ岸井が謎の女に扮するほか、名越に関わる女子高生を『心が叫びたがってるんだ』(17)の石井、名越に意外な深層心理を覗かれるヤクザの組長を「きのう何食べた?」の内野が演じる。清水監督は「旬な熱量と存在感、センスと実力...において、この俳優陣がベストだと思っています」と語っている。

あわせて解禁された特報は伊藤が名越に「記憶ないんですよね?」と話しかけるシーンからスタート。その後、トレパネーションに臨む様子や伊藤と名越の会話がスピード感たっぷりに展開され、衝撃の物語を予感させる。また、ティザーポスターは、真っ赤な背景に名越が右目を隠しながら立っており、右下には「7日後、俺はどうなる?」の文字が刻まれている。

日本限定劇場公開後には、Netflixでの全世界独占配信も決定している本作。独自の世界観を持つ「ホムンクルス」をキャストはどのように表現するのか?今後の続報にも注目したい。

関連作品

  • ホムンクルス

    -
    24
    累計発行部数400万部を超える山本英夫原作による同名人気コミックを実写映像化