山崎賢人と土屋太鳳、Netflix配信作「今際の国のアリス」に手応え「おもしろい作品に国境はない」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/12/7 20:06

山崎賢人と土屋太鳳、Netflix配信作「今際の国のアリス」に手応え「おもしろい作品に国境はない」

山崎賢人、土屋太鳳のW主演によるNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」(12月10日より全世界同時配信)のプレミアイベントが、12月7日に渋谷のMIYASHITA PARKで開催。山崎、土屋、村上虹郎、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、吉田美月喜、金子ノブアキ、仲里依紗、佐藤信介監督が登壇し、クリスマスツリーの点灯式を行った。

本作では、人生に夢や生きがいを見出せないアリス(山崎)と、どんな苦境でも“生きる意味”を探し続けるウサギ(土屋)が、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で信頼を築き、生き延びるために闘っていく。

有栖良平役 山崎賢人
有栖良平役 山崎賢人

いよいよ今週から本作が配信になるということで山崎は「信介監督と映画のようなクオリティのものが作られると聞いて、本当にワクワクしました。そのワクワク感を裏切らない最高の作品ができたと思っています」と胸を張った。

土屋は「アクションがものすごく壮大ですし、CGもすごいので、いまからどういうふうに観ていただけるのか、ドキドキしています。一晩中、走って逃げて飛んでというのをリアルにしていました。私たちも本気でやっているので、“本物”になっているんじゃないかなと」と笑顔を見せた。

宇佐木柚葉役の土屋太鳳
宇佐木柚葉役の土屋太鳳

村上は「ネタバレが厳しぎて…」と役柄についての明言を避けつつ「めちゃくちゃ簡単に言うと、ああ、こういう人いるよねという人と、そうじゃない、ちょっと浮世離れしたキャラクターが、今際の国で共存して成立しているのがものすごくおもしろいなと思います」と本作の魅力を述べた。

町田は「渋谷のオープンセットの規模感に圧倒されました。また、僕の人生で二度とないであろう、山崎賢人くんを肩車して騒ぐというシーンは、今際の国だからこそできたこと」と、興奮しながらコメント。仲は、渋谷のシーンについて「渋谷がセットだったのを知らなくて。初耳だったので、マジで!?と思いました。それくらい映像がすばらしいです」と驚いていた。

仲良くツリーの点灯ボタンを押す山崎賢人と土屋太鳳
仲良くツリーの点灯ボタンを押す山崎賢人と土屋太鳳

最後に土屋は「本当にみんなが覚悟を決めながら刻んだ作品です。その覚悟を世界中の方々に体験していただきたい。2020年は当たり前の日常が当たり前でなくなった年。だからこそ、いまを大切に生きること、人々が共に生きるという意味を感じ取っていただけたらと」と本作をアピール。

山崎も「恋愛、サバイバル、謎解き、ミステリーなど、いろんな要素があって、どの世代の方も楽しめると思います。この作品を観てもらうことが、生きていくヒントにもなればなと。また、おもしろい作品には国境とかがないと思うので、みなさんに愛される作品になればなと」と力強く締めくくった。

※山崎賢人の「崎」は立つ崎が正式表記

取材・文/山崎伸子