仲野太賀、主演映画の公開に感無量!「胸を張ってこの作品を送りだしたい」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/11/21 18:50

仲野太賀、主演映画の公開に感無量!「胸を張ってこの作品を送りだしたい」

俳優の仲野太賀が主演を務め、是枝裕和がその才能に惚れ込んだ佐藤快磨監督の劇場デビュー作となる『泣く子はいねぇが』(公開中)の公開記念舞台挨拶が11月21日に新宿ピカデリーで行われ、仲野を始め吉岡里帆、寛 一 郎、柳葉敏郎、佐藤快磨監督が登壇。主演映画がついに公開を迎えた仲野は「並々ならぬ想いがつまった作品。胸を張ってこの作品を送りだしたいと思います」と力強く語り、仲野を幼少期から知っている柳葉も「共演できて本当に胸がいっぱい」と観客を前に感極まった。

主演の仲野太賀
主演の仲野太賀

本作は、秋田県男鹿半島の伝統文化「男鹿のナマハゲ」から“父親としての責任”、“人としての道徳”というテーマを見出し、親になることからも大人になることからも逃げてしまった主人公が過去の過ちと向き合い家族と故郷を取り戻そうと奮闘する青春グラフィティ。『ガンバレとかうるせぇ』(14)が国内外の映画祭で高く評価された佐藤監督が、自身の出身県である秋田を舞台に、約5年をかけて脚本を作り上げた完全オリジナル作品となる。

主人公のたすくを演じた仲野太賀
主人公のたすくを演じた仲野太賀

昨日ついに公開を迎えた本作。これから上映を観るお客さんを前に、仲野は「本当に誇らしい気持ちでいっぱいです。皆さんにどんな風に受け取ってもらえるのか、楽しみでワクワクしています」と感無量の表情。続いて仲野演じるたすくの妻のことねを演じた吉岡も「とても余白のある素敵な作品なので、皆さんがどういう風に感じて観てくださるのか、とても興味があります」と笑顔。
監督と同じ秋田県出身の柳葉も「自分の出身の秋田から発信できる作品ということで、非常に楽しく、ちょっぴり責任を負いながらやらせていただきました。少しだけこの作品を観てキュンとしていただけたらうれしく思います」と公開を喜んだ。

たすくの妻のことねを演じた吉岡里帆
たすくの妻のことねを演じた吉岡里帆

今回、たすくの父親的存在となる「なまはげ存続の会」会長の夏井役を演じた柳葉にとって、仲野は「劇団一世風靡」時代からの後輩である中野英雄の息子でもあり、そんな間柄での共演に仲野も「本当に強烈な縁を感じました」と吐露。
また小さい頃から毎年お正月には“柳葉詣”ならぬ柳葉さんに会いに行くという中野家の伝統行事があったといい、「そこで小さい頃からわんさか泣かされましたし、秋田の人にとっての“ナマハゲ”だとしたら、僕にとっては“柳葉”というか(笑)。対面するだけで震え上がるような…」と恐縮した面持ちで語る仲野に、柳葉も「正直に言え!(笑)」とつっこむ。
しかし仲野にとって、柳葉が「本当に身近な存在で、そんな方とまるで親子のような共演ができたというのは役者をやっていて本当に感慨深いものがある」と胸の内を明かすと、柳葉も「本当に小さい頃から知っていまして、帰る時は必ずベソをかいて帰っていた(笑)。そんな彼と共演できて本当に胸がいっぱいです。役の上でもその気持ちを表現できる間柄の設定だったので、現場は本当に温かい空間で過ごさせていただきました。太賀、おめでとう!」とお祝いし、感極まった表情を見せた。

たすくの親友の志波役を演じた寛 一 郎
たすくの親友の志波役を演じた寛 一 郎

また演じた役柄について問われると、吉岡は「まだ私は出産経験がまだないので、本当の所はどういう風に思うのかは分からないことが多かったんですけど、現場で一緒にお芝居をした子役の方が役者ではなく実際の秋田の子で。子どもってこんな感じなんだっていう所からスタートした。母になることにとまどいが強い役だったので、演じるにあたってはその子が力を貸してくれました」とも明かす。

劇中では、なかなか大人になりきれない主人公の葛藤が描かれるが、自身はどのくらい大人かと難しい質問を問われた柳葉は「男っていうのは、こんなもんでしょ(笑)」と会場を笑わせつつ、「男はやっぱり子どもなのかなって気もしますけど、でも生きて色んなことを経験していくと、その子どもっぽさがそれぞれの変わり方をしていって楽しい時間に繋がるんじゃないかなって思う」と持論を展開し、「すみませんね、マスコミさん相手だから好きなこと言えなくて(笑)」と照れ笑いを浮かべていた。

仲野との共演に感極まった表情を見せていた柳葉
仲野との共演に感極まった表情を見せていた柳葉

さらに佐藤監督から「秋田県だけ(現在公開中の)『鬼滅』に勝った」という情報が伝えられると共演者たちもざわめき、柳葉も「ローカルでこの映画に対する情熱がすごいんです!」と明かし、「小さい頃テレビに柳葉さんが映ると、あれが柳葉さんだと言われて育った」という秋田出身の佐藤監督たちも「柳葉さんありがとうございます(笑)!」と笑顔を見せた。

【写真を見る】『泣く子はいねぇが』公開記念舞台挨拶に仲野太賀、吉岡里帆、寛 一 郎、柳葉敏郎らが勢ぞろい
【写真を見る】『泣く子はいねぇが』公開記念舞台挨拶に仲野太賀、吉岡里帆、寛 一 郎、柳葉敏郎らが勢ぞろい

最後には仲野が「この作品は、“映画”というものを誇りにしているスタッフさんたちが、これ以上ないくらい愛情を注いで作ってくれて、たくさんのキャストたちが覚悟を持って、カメラや僕の前で本気でいてくれて、その並々ならぬ想いがつまっています。胸を張ってこの作品を送りだしたいと思います」と力強く挨拶し、佐藤監督も「困難もありましたが、そのたびに色々な出会いがあってこの日を迎えることができました。この作品を観て一生忘れられない風景、表情があることを祈っています。最後まで見届けていただけたらうれしいです」と呼びかけた。

取材・文/富塚沙羅

関連作品