水川あさみ、女優業への覚悟を告白「生きていくことは、傷つけたり、傷ついたりを繰り返す」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/11/20 19:10

水川あさみ、女優業への覚悟を告白「生きていくことは、傷つけたり、傷ついたりを繰り返す」

水川あさみ「覚悟をしながら作品をつくっている」
水川あさみ「覚悟をしながら作品をつくっている」

32歳の若さでこの世を去った歌人、萩原慎一郎の遺作となった歌集を原作とした映画『滑走路』の初日舞台挨拶が11月20日にテアトル新宿で開催され、水川あさみ、浅香航大、寄川歌太、大庭功睦監督が登壇。映画を世に送りだすうえでは、「人を傷つけることもあるかもしれない」と持論を述べた水川が、「覚悟をしながら作品をつくっている」と女優業へのまっすぐな姿勢を明かした。

『滑走路』の初日舞台挨拶が開催された
『滑走路』の初日舞台挨拶が開催された

いじめや非正規雇用といった自身の経験をもとに短歌を発表し続け、突然この世を去った歌人、萩原慎一郎の「歌集 滑走路」をモチーフにオリジナルストーリーとして映画化した本作。現代をもがき生きる人々の姿と希望を描き、第45回報知映画賞では作品賞にノミネートされているほか、水川が本作と『喜劇 愛妻物語』の演技によって主演女優賞にノミネートされている。水川は「すごくうれしいです。今年は映画に深く関われた年。頑張ったねって言ってもらえたような気持ち」と喜びを語っていた。

この日は、後悔して生きる登場人物にちなみ、「後悔していること」を語るひと幕も。水川は「20代前半でオーディションを受けた時に、服の後ろから大きなタグが出ていた。でもそれはそういうデザインの服だった」と口火を切り、「後ろに座っていた女優さんが、『タグが出ているよ』と優しく声をかけてくれた。でも私は関西から出てきて間もないから、『出してんねん!』と言った」と述懐。その様子を知人が見ていたそうで、「後ろの子がすごく傷ついていたと。私はツッコミのつもりだった。なんでそんなことをしてしまったんだろうと後悔があります」と話し、会場の笑いを誘っていた。

「たくさんのことを感じた」という浅香航大
「たくさんのことを感じた」という浅香航大

あらゆる苦難を描いた作品となり、浅香は「『滑走路』に携わって、たくさんのことを感じた。いくつかの社会問題が描かれている。そういったことに向き合って、なにができるのだろうと考えた時に、自分の小ささを痛感しました」と告白。「自分は俳優という仕事を通して、より多くの人に知ってもらって、伝えて、感じてもらう。そういったことができる俳優という仕事を丁寧に、大切にしていきたいと改めて思った作品」と自身にとっても大きな作品になったという。

水川も「この作品に関われて本当にうれしい」と心を込め、「この映画を観た方が傷ついたり、昔の嫌な思い出を思いだしたり、もしかしたら、ネガティブな感情になるのかもしれないと考えた。でもやっぱり生きていくということは、人を傷つけたり、自分も傷ついたりを繰り返していくもの」と吐露。「私たちは役者をやっていて、作品をつくるうえでも人を傷つけるかもしれない。私たちも傷つきながら、お芝居をしている。ある意味、覚悟をしながら作品をつくっている」と胸の内を明かし、「ちょっとでも、そっと心を守ってくれるような。勇気づけられるような作品になっていたらいいなと思います」と願いを語っていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品