仲野太賀「俳優としての覚悟が完全に決まった」佐藤快磨監督とのタッグで奇跡のような現場体験 - 2ページ目 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/11/21 19:00

仲野太賀「俳優としての覚悟が完全に決まった」佐藤快磨監督とのタッグで奇跡のような現場体験

「太賀くんのお芝居に心震えた」(佐藤監督)「公開作が続いてハラハラもするけれど…」(仲野)

「僕にとってすごく大きな自信になった」
「僕にとってすごく大きな自信になった」撮影/野崎航正

佐藤監督は、脚本を書く当初から、たすく役には仲野をイメージしていたという。佐藤監督にとって、仲野の俳優としての魅力とは?

佐藤監督は「役者としても人間としても信頼できる人」と口火を切り、「表現の幅がとても広い」と分析。「太賀くんは演じるキャラクターの濃淡を、役に寄り添ったまま、繊細に表現できる。たすくというキャラクターは、口ではカッコいいことを言っていながらも、それを行動に移す覚悟がなかったりと、自分自身のなかに曖昧さを抱えているところがあって。真面目に演じても、滑稽に演じても、どこかで破綻してしまう役。それを成立させることができたのは、太賀くんだからこそ」と全幅の信頼を寄せる。とりわけ佐藤監督が仲野の力量に驚いたのが、「ラストシーン」とのこと。「自分がつくった作品でこう言うのもなんなのですが、心震えるような想いがしました。僕自身、感動しながら撮ることができました」。

たすくの葛藤、心の叫びを体現した
たすくの葛藤、心の叫びを体現した[c]2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

仲野は「最初に脚本を読んで、なによりもラストシーンがすばらしいと思った。このシーンがやりたくて、オファーを受けさせてもらったくらいです」と述懐。主人公の成長を表現した圧巻のラストシーンはぜひスクリーンで確認してほしいが、仲野はこう続ける。

「たすくの覚悟、娘への愛情など、いろいろなことが凝縮されているシーンで、どうやって彼の心の叫びを表現するかは、僕にとっても大きな挑戦でした。また全編を通して、たすくは“受け”の芝居をすることが多く、笑ったり、怒ったり、泣いたりという大きな感情表現ではなく、細かい機微を表すことが必要でした。たすくの心が見えるような表現とはどんなものだろうと、佐藤監督と一緒に模索したような気がしています」。

2020年は本作以外にも、『静かな雨』『生きちゃった』と主演映画が公開。仲野が愛すべきおバカ、今井役として参加している人気ドラマの劇場版『今日から俺は!!劇場版』も大ヒットしたほか、放送中のドラマ「この恋あたためますか」では視聴者をキュンとさせる演技も披露している。まさに破竹の勢いで活躍中だが、仲野は「今年は、参加した映画やドラマが一気に公開、放送されるタイミングになった年でもあります。いつも『どうやって受け入れられるんだろう』って、ハラハラします」と微笑みつつ、「でもそれは、不安というものではないんです」とキッパリ。

その理由を聞いてみると、「『泣く子はいねぇが』は今年の3月に撮影が終わりました。コロナの影響で『今後どうなっていくんだ?』という心配が少しずつ映画界にも広がり始めていましたが、そんななかで本作を撮り切ることができたことが、僕にとってすごく大きな自信になったんです。そこで俳優としての覚悟が完全に決まった」と本作が俳優業の醍醐味を実感させてくれたからだそう。

「監督をはじめみんなとディスカッションして、もっといいものをと模索していた。そこで、僕にしかできないと思える役をつくり上げることができた。本当に奇跡のような現場で、こういう環境で映画づくりができたことは、僕の誇りです。今作を引っ提げて、胸を張りたい気持ちでいっぱいです」と情熱をあふれさせる。佐藤監督も「僕もこの現場を体験できたことは、これからの自分にとって支えになる。この現場がこれからの基準になる気もしています。みんなでつくったという、その熱がこの映画にきちんと映っていると思っています」と本作が宝物のような作品になったことを明かしていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • 泣く子はいねぇが

    4.0
    134
    映像制作者集団、分福の佐藤快磨監督が迷いながら大人になっていく若者たちの姿を描く