ジョゼと恒夫が出会う坂道シーンも!Eveの楽曲が染みる『ジョゼと虎と魚たち』ロングPV公開 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/11/18 23:11

ジョゼと恒夫が出会う坂道シーンも!Eveの楽曲が染みる『ジョゼと虎と魚たち』ロングPV公開

2003年に妻夫木聡と池脇千鶴の主演で実写映画化され、海外でも高い人気を集める芥川賞作家・田辺聖子の代表作を劇場アニメ化した『ジョゼと虎と魚たち』(12月25日公開)。清原果耶、中川大志のフレッシュなボイスキャストも話題の本作から、このたびEveの楽曲が彩るロングPV、アニメーション監督や作家・女優ら総勢16名のコメント、さらに冬らしい装いの恒夫とジョゼが描かれた新ビジュアルと、新情報が一挙に解禁された。

笑顔はじけるジョゼ!四季折々の風景も美しい
笑顔はじけるジョゼ!四季折々の風景も美しい[c]2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

本作は、絵と本や想像の中で自分の世界を生きる車椅子の少女ジョゼ(声:清原果耶)が、自分の夢を追いかける大学生の恒夫(声:中川大志)との出会いをきっかけに外の世界へと飛びだしていく姿を描いたラブストーリー。細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』(12)で助監督を務めた「ノラガミ」シリーズのタムラコータローがアニメ映画初監督を務めるなど、豪華クリエイター陣が集結したことでも大きな注目を集めている。

解禁となった映像は、Eveによる主題歌「蒼のワルツ」、挿入歌「心海」と共に、恒夫がジョゼの管理人としてアルバイトを始めるきっかけとなった坂道での印象的な出会いから始まる。最初はぎくしゃくしていた2人も、時間を過ごすなかで心を通わせていくが、「管理人、最後の仕事や」というジョゼのひと言が、別れをも予想させる…。車いすの生活で狭い世界しか知らなかったジョゼに“夢を諦めるな”と叫ぶ恒夫がどんな行動をとるのか?

恒夫が外に連れ出すことで、ジョゼは新しい世界を知っていく
恒夫が外に連れ出すことで、ジョゼは新しい世界を知っていく[c]2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

一足先に本作を観た各界のオピニオンからも、共感・絶賛の声が届いている。仮面女子の猪狩ともかからは「心温まるだけでなく、とてもキュンキュンする映画でした」、「文豪ストレイドッグス」で知られる朝霧カフカは「痛々しいまでの生の実感。大傑作」と太鼓判。大阪のロケーションや、日本を代表するアニメーションスタジオ、ボンズによる美麗な画にも称賛の声が集まっている。いよいよ来月に迫った本作の公開が待ち遠しい!

関連作品