ちょっとぽっちゃり!? ヘンリー王子、王室離脱後初の英テレビ出演で笑顔! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

セレブリティ 2020/11/17 20:30

ちょっとぽっちゃり!? ヘンリー王子、王室離脱後初の英テレビ出演で笑顔!

ヘンリー王子が、英国BBCのダンス・コンテスト番組「ストリクトリー・カム・ダンシング」にサプライズ出演。英王室離脱後、初めて英国テレビに出演した。

ヘンリー王子がサプライズでビデオ出演を果たしたのは、同番組に出演している友人を称賛するため。その友人とは、英国海兵軍の一員としてアフガニスタンに派遣されていた、2011年に爆風で負傷したJJ・チャーマーズだ。その後、自らもアフガニスタンに派遣されていた経験を持つヘンリー王子とJJは出会ってすぐに意気投合し、2018年のメーガン妃との挙式にも夫婦で参加しているほどの仲だ。

また、2014年にヘンリー王子が立ち上げた、負傷した兵士のためのスポーツイベント「インビクタス・ゲーム」で活躍。そして今回、なんとJJ はダンサーとして同番組にチャレンジ。ベット・ミドラーの「Boogie Woogie Bugle Boy」に合わせてホットなジャズスウィングを披露した。

自宅のソファからビデオメッセージを送ったヘンリー王子は、「僕が最初にJJに出会ったとき、彼は自分の殻に閉じこもっていたけど、『インビクタス・ゲーム』を通じて輝いて、そして再び自分を取り戻した。なんて素晴らしいジャーニーだろう」とJJを称賛すると、JJも、「ヘンリー王子が『インビクタス』を立ち上げてくれていなかったら、僕がこの瞬間にいることはなかった」と、ヘンリー王子に感謝の意を表した。

「Daily Mirror」などにはその時の様子を捉えた動画が掲載されているが、ひげを蓄えたヘンリー王子について、「心なしか少しぽっちゃりしたようだけど、すごく元気そう」「久しぶりに昔の優しいヘンリー王子を見た気がする」「メーガン妃と一緒の時はほとんどヘンリー王子の出番はないし、すごくいきいきしている」「ヘンリー王子はアメリカで政治について語るより、イギリスで友人や人々を励ます方が合っている」「イギリスに戻ってきて」といった声が寄せられている。

NY在住/JUNKO