綾野剛、エンタメは「不要ではない」と観客に感謝。北川景子を紳士にエスコート! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/11/14 20:56

綾野剛、エンタメは「不要ではない」と観客に感謝。北川景子を紳士にエスコート!

観客の入った会場を見渡して、感無量!
観客の入った会場を見渡して、感無量!

中山七里のクライム・サスペンス小説を映画化した『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』の公開記念舞台挨拶が11月14日に丸の内ピカデリーで開催され、綾野剛、北川景子、深川栄洋監督が登壇。観客の入った会場を見渡した綾野は「とても感激しています。こうやって皆様の前に立てていることが奇跡」と感激の面持ち。コロナ禍において「エンタテインメントというのは一番はじめに不要不急とされるものだと今回、痛感した」というが、「そのなかでこうして皆さんにお会いすると、不急ではあっても、不要ではないんだと改めて教えてもらいました。また必ず会いましょう」と語りかけ、大きな拍手を浴びていた。

【写真を見る】王子様のよう!綾野剛が北川景子をエスコート
【写真を見る】王子様のよう!綾野剛が北川景子をエスコート

警視庁捜査一課の犬養(綾野)と高千穂(北川景子)の最強バディと、“安楽死”を手口とする連続殺人鬼“ドクター・デス”との息をもつかせぬ攻防戦を描く本作。ステージを降壇する際には、綾野がしっかりと北川の手をとってエスコートし、紳士的な姿で会場を魅了した。

警視庁捜査一課の犬養を演じた綾野剛
警視庁捜査一課の犬養を演じた綾野剛

撮影中は「ドクター・デス」というイントネーションにおいて苦労したこともあったそう。綾野は「イントネーションが実はすごく大変だった。『ドクターです』みたいになったり…。確かに僕、産婦人科医もやっているけど」と主演ドラマ「コウノドリ」を想起させる発言をお見舞いし、会場も笑顔に。ステージ上でも、綾野、北川が「ドクター・デス」とイントネーションを変えているうちに、どれが正解がわからず大混乱。綾野は「撮影中、一番NGを出したのはそれ」と楽しそうに振り返っていた。

警視庁捜査一課の高千穂を演じた北川景子
警視庁捜査一課の高千穂を演じた北川景子

また綾野は「すごく波長が合う」と北川との相性は抜群だったと告白。「ずっと前から友人だったような感覚が残っている。デビューも2003年で同期ですし、戦隊モノ出身ということもあって。(一緒にいると)楽」だと話す。
北川は「今回は相棒であり、女房役。ずっと観察していた」と綾野の行動を見つめていたといい、綾野が「ずっと見ていた。観察のために、盗撮もされていた」と明かすと、北川は「いろんな写真をいっぱい撮った!」、綾野も「こんな写真、いつ撮られていたんだろうと思うものもあった」と続くなど、息ぴったりのトークで会場を盛り上げていた。

続編にも期待がかかるが、司会から「続編があるとしたら、犬養と高千穂の過去のストーリーが見たいか、未来のストーリーが見たいか」と質問が投げかけられるひと幕も。北川は「過去」、綾野は「未来。でも過去もおもしろそう!」と回答したが、深川監督は「両方、見たい」と笑顔を見せていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品