森川葵、松井玲奈、百田夏菜子、“おジャ魔女世代”の3人が語り合う「どれみちゃんが教えてくれたこと」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/11/15 19:00

森川葵、松井玲奈、百田夏菜子、“おジャ魔女世代”の3人が語り合う「どれみちゃんが教えてくれたこと」

1999年から4年間にわたって放送された「おジャ魔女どれみ」シリーズの放送20周年を記念した、完全新作ストーリーのアニメ映画『魔女見習いをさがして』が公開中だ。テレビアニメでは魔女見習いのどれみたちがさまざまな騒動を繰り広げたが、本作ではそんな「おジャ魔女」を見て育った20代の女性たちの出会いから物語が広がっていく。進路を模索する大学生のソラ、人間関係に悩むOLのミレ、ダメな彼氏と別れられないフリーターのレイカ。3人の主人公を演じるのは、キャラクターと同世代の森川葵、松井玲奈、百田夏菜子。「いまでもどれみたちが大好き!」と口を揃える彼女たちが、アフレコでの役作りや“おジャ魔女”への思いなどを熱く語ってくれた。

「おジャ魔女」を通して出会った、長瀬ソラ(森川葵・左)、川谷レイカ(百田夏菜子・中央)、吉月ミレ(松井玲奈・右)
「おジャ魔女」を通して出会った、長瀬ソラ(森川葵・左)、川谷レイカ(百田夏菜子・中央)、吉月ミレ(松井玲奈・右)[c]東映・東映アニメーション

物語の始まりは、テレビアニメに登場するMAHO堂のモデルになったと噂される鎌倉の洋館。それぞれに悩みを抱え、癒しを求めてやってきたソラ、ミレ、レイカは、「おジャ魔女」ファンであることから意気投合。3人で「おジャ魔女どれみ」ゆかりの地を巡ることで友情を育むと同時に、自分自身の内面とも深く向き合うことになる。

「おんぷちゃん役の宍戸留美さんの声で、広島弁を練習しました」(百田)

それぞれの“推しキャラ”と一緒にパシャリ!
それぞれの“推しキャラ”と一緒にパシャリ!撮影/野崎航正

――皆さんと同じ“おジャ魔女世代”の女性たちが主人公です。初めて台本を読んだ時の感想を教えてください。

森川「3人の状況がとても自分に近いなと思いました。『おジャ魔女』が好きというのはもちろんですが、仕事や恋愛、友達に対しても、ソラたちと同じような悩みを抱いている同世代の女性はきっと多いだろうなって」

松井「その3人が『おジャ魔女』に関する場所を回る、ある意味“聖地巡礼”みたいなお話がベースになっているのですが、自分もアニメや漫画が好きで物語の舞台になったところに行きたいと思うタイプ。台本を読みながらすごく共感できたし、どれみちゃんたちと遊んだり魔法を使ったりしたかった子どもの頃の気持ちや、放送が終わってからも『ずっと会いたかったんだ』という気持ちを思い出して、胸がいっぱいになりました」

百田「私は『おジャ魔女』を語る3人のシーンを読みながら自分も会話に交ざっている感じになって『わかる!わかるよ!!』という気持ちに(笑)。連絡手段がLINEで、スタンプで会話しているのも私たちの日常に近くて、すごく“いま”を描いていますよね」

引っ込み思案な性格のソラ(森川)だったが…
引っ込み思案な性格のソラ(森川)だったが…[c]東映・東映アニメーション

――外見も性格も、住む場所もバラバラな3人。演じるに当たってはどんな役作りをしましたか?

森川「ソラは意志が強いわけではないから、声のボリュームもそんなに大きくないのかなと思って役作りをしたのですが、最初は意識して作り過ぎてしまって。監督のアドバイスで、ナチュラルな演技に寄せて行きました」

松井「ミレはほかの2人に比べて年齢が上で、キャラクターのイメージもスマートな印象。普段の自分の声よりも低くして大人っぽく聞こえるよう意識しました。でもおジャ魔女の話になると、女性から“女子”に切り替わるんです(笑)。大人のミレと、好きなものを語る少女のようなミレ、その二面性を意識して演じています」

百田「レイカは一番年下で見た目も幼いので、無邪気で元気な感じを出しながら、でも心の奥底にある気持ちもしっかりと持って演じました。3人で会話をしている時は、年下らしくお姉さんたちを盛り上げる感じも出したつもりです。あとは…『広島弁だ!』と(笑)。レイカは尾道出身で方言があるので、イントネーションの音声を頂いて練習しました。お手本を入れてくださったのが、おんぷちゃん役の宍戸留美さんの声だと分かってさらに緊張が増しましたね(笑)」

関連作品