LiSA×日野聡が初対談!『鬼滅の刃』主題歌「炎」が示す、煉獄杏寿郎の“生き様” - 2ページ目 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/12/31 10:15

LiSA×日野聡が初対談!『鬼滅の刃』主題歌「炎」が示す、煉獄杏寿郎の“生き様”

「『炎』は、優しい勇気を与えてくれる曲だと感じました」(日野)

――主題歌にはどんな想いを込めましたか?

LiSA「鬼になる選択ではなく、意思を貫いて見せた煉獄さんの姿から教えられたことがたくさんあります。『煉獄さんの教えを、炭治郎たちと共に伝えるんだ』という想いを込めました」

――「炎」を聴いた時の印象を教えてください。

日野「歌というものは、聴く人の置かれている状況や心情によって、受け取るメッセージが変わるものだと思います。僕自身、最初に『炎』を聴いた時には、先ほどLiSAさんがおっしゃったようなイメージが脳裏にありました。タイトルから“煉獄さんの歌だよね”と言われることも多いのですが、僕自身が受け取ったメッセ―ジは、炭治郎の目線から見た煉獄の姿であり、煉獄が伝えた想いを炭治郎が深く胸に刻み、焼き付けている姿が見えました。優しい勇気を与えてくれる曲だなと感じました」

LiSA「ありがとうございます。いろいろな方に寄り添えるような曲になった気がします」

日野「『炎』が優しく前に送りだしてくれる歌であるならば、『紅蓮華』は心というよりも背中をグッと押してくれる印象です。力強いエネルギーや勇気を与えてくれるという意味での“一歩踏み出す歌”だと思います。『強くなれる理由を知った』や『誰かのために強くなれる』という、自分以外の人のために強くなれる人間の可能性や思いが繋がることで、みんなが勇気を持って前に進める歌という印象が強いですね」

LiSA「すごくうれしいです。ありがとうございます!」

「煉獄さんのセリフが、『炎』に大きな意味を与えてくれた」(LiSA)

煉獄推しを公言するLiSAだが、最初は“キテレツな人”という印象だったそう
煉獄推しを公言するLiSAだが、最初は“キテレツな人”という印象だったそう撮影/Maho Korogi

――原作ファンであり煉獄さん推しのLiSAさんが、アニメ化された煉獄さんから受けた印象を教えてください。

LiSA「原作では最初は“キテレツな人”という印象を持っていたんです」

日野「ああ、なるほど」

LiSA「正直、どういう人なのか掴めないな、と思いながら漫画を読んでいましたね」

日野「僕もそうでした。最初は、なんか変な人というイメージのほうが強かったかもしれないです」

LiSA「そうそう!そういう印象がすごく強かったです。でも物語が進むにつれ、心の裏側が見えてすごくしっくりきたと感じました。いつも元気で誠実で真っ直ぐに向き合ってくれているキャラクターだということを、日野さんの演じる煉獄さんによってより深く理解できた気がしました」

コミカルな部分が、煉獄のキャラクターをより一層引き立てる
コミカルな部分が、煉獄のキャラクターをより一層引き立てる[c]吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

日野「いやあ、すごくうれしいですね。演じていて感じたのは、鬼と対峙している頼もしいときの煉獄はみんな共通のイメージで結構浮かぶけれど、平時の煉獄の表現って難しいなということでした。やりすぎてもダメだし、抑えすぎても独特の個性が消えてしまう。そのさじ加減、バランスが本当に難しいキャラクターだと思いました」

LiSA「映画での最初のセリフが、『うまい!』だったので、私もズコーとなりました(笑)」

日野「アハハハハ」

LiSA「それまでも善逸たちが笑わせてくれていましたが、煉獄さんに対しては笑っていいというイメージがなかったので、『煉獄さんのシーンでも笑っていいんだ!』と思わせてくれた印象があります。なにも考えずにシ―ンに没頭し、思いっきり笑うことができました」

善逸、伊之助らのやり取りは、ハードな作中においてある種の清涼剤になっている
善逸、伊之助らのやり取りは、ハードな作中においてある種の清涼剤になっている[c]吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

――「うまい!」というセリフは何度もアフレコしたというお話を花江さんからも伺いました。

LiSA「そうなんですか!いろんなパタ―ンの『うまい!』があるんですね(笑)」

日野「原作だと全部『!』マークがついているのですが、スタッフさんのなかでもそこの表現のイメ―ジがいろいろと分かれたようで。煉獄に対してのイメージも人によって様々だなと感じた部分でもあります。なので、みんなが納得できる『うまい!』をひたすら追求していきました」

LiSA「日野さんが演じることで、煉獄さんの魅力がまた一つ加わったように感じるシーンでした」

日野「ありがとうございます!」

――LiSAさんが印象に残ったセリフには、どんなものがありますか。

LiSA「煉獄さんの『心を燃やせ』というセリフは、とても印象的な言葉です。このセリフが、『炎』の歌詞にある『心に炎を灯して』というフレーズに大きな意味を与えてくれたと感じています」

煉獄のセリフが、作詞に与えた影響について明かしてくれた
煉獄のセリフが、作詞に与えた影響について明かしてくれた撮影/Maho Korogi

関連作品