小栗旬&星野源、再共演は兄弟役を希望!「ホームコメディをやりたい」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/11/11 21:37

小栗旬&星野源、再共演は兄弟役を希望!「ホームコメディをやりたい」

星野源が「かっこいい!」と小栗旬に惚れ惚れとするひと幕も
星野源が「かっこいい!」と小栗旬に惚れ惚れとするひと幕も

塩田武士の同名小説を映画化した『罪の声』の大ヒット舞台挨拶が11月11日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、小栗旬、星野源、宇野祥平、原菜乃華、土井裕泰監督が登壇。映画初共演となった小栗と星野に、観客から「また共演するとしたら、どんな役がいい?」との質問が上がり、小栗が「コメディやりたいね。年齢的には、兄弟もできるんじゃないかと。ホームコメディみたいなのをやりたいです」と回答。星野も「ホームコメディ、いいですね。土井さん、お願いします」と前のめりの様子を見せ、会場を盛り上げた。

『罪の声』の大ヒット舞台挨拶が開催された
『罪の声』の大ヒット舞台挨拶が開催された

本作は日本中を震撼させた未解決事件をモチーフに、綿密な取材と着想を織り混ぜて描いたヒューマン・ミステリー。「アンナチュラル」や「MIU404」も手掛ける野木亜紀子が脚本を担当した。観客の入った会場を見渡し、小栗は「とてもうれしいです」と感無量の面持ち。星野は「僕らが主人公ではありますが、もうひとつの主人公はこのお二人」と宇野と原を称えていた。

【写真を見る】感無量の面持ちを見せた、小栗旬&星野源
【写真を見る】感無量の面持ちを見せた、小栗旬&星野源

この日はティーチイン形式で、会場からの質問にも回答した。まず「お互いの直してほしいところは?」と聞かれた小栗と星野。星野は「たまにね、深夜に『元気?』みたいなLINEをポッとくれて。飲みの誘いなのかな?と思って『元気だよ』と返事をすると、返ってこなかったりする」と告白。「(LINEを)送って満足したんだろうなって。もうちょっとキャッチボールしない?とは思います」といじけると、小栗も「あはは!」と大爆笑だった。

「いまも夢の途中」と告白した
「いまも夢の途中」と告白した

また俳優志望だという男性から「若いころの夢を教えてください。また、アドバイスもお願いします」と聞かれるひと幕も。「高校生くらいのころには、なんとかして俳優になりたいと思っていた」という小栗は、「いま現在も夢の途中。いまも夢に向かっている進んでいる状態」とコメント。星野は「小学校の低学年くらいの時に『ブルース・ブラザース』を観た。主演の一人であるダン・エイクロイドが脚本も書いている。音楽もダンスもかっこよくて、幼心に『この世界、おもしろそう』と思った。僕がいま役者、音楽、文筆もやっているという、その原形みたいなものは、あの映画のなかにあるなと思っている」と原点を語った。

笑顔で手を振る星野源
笑顔で手を振る星野源

さらに司会から「俳優になるために努力したことは?」と話を向けられると、小栗は「努力なのかもしれないけれど、努力と思ってやってきたことはあまりない」と返答。星野が「その言い方、かっこいい」と惚れ惚れとすると、小栗は「いまのはちょっとかっこいいと思った」とお茶目にニッコリ。「俳優という仕事は、どこまで行っても正解がない。やれることはなんでもしてきた」と全力投球の姿勢を明かしていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • 罪の声

    3.9
    926
    昭和史最大の未解決事件をモチーフにした塩田武士の原作を小栗旬×星野源共演で映画化