綾野剛と北川景子が明かす、濃厚な信頼関係「北川さんに手綱を握ってもらっている」 - 2ページ目 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/11/15 12:30

綾野剛と北川景子が明かす、濃厚な信頼関係「北川さんに手綱を握ってもらっている」

「犬養と高千穂は、一心同体の“シンクロバディ”」(綾野)

次第に2人は、ドクター・デスの正体に迫っていくが…
次第に2人は、ドクター・デスの正体に迫っていくが…[c]2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会

本作で演じたのは、時に暴走と思えるほど突っ走る犬養と、彼を見守る高千穂というバディ。綾野は「一心同体の“シンクロバディ”」と分析するが、現場で北川は「綾野さんのことを観察していた」そうで、そんな様子も役柄とピタリと量なる。

北川は「綾野さんとは、作品への向き合い方が似ている」と話す。「私も主演を担って、真ん中に立つとなると、すごく熱くなってしまうんです。綾野さんは、主演として自分の役も突き詰めつつ、現場も盛り上げて、スタッフさんの士気を高める役割もやるとなっても、それを決して大変そうには見せずにやり遂げてしまう。それって、主演として理想だと感じるんです。たぶん、綾野さんと私の思う、主演としての理想像が似ているのかなと思います」と打ち明ける。
「今作では犬養がガッと熱くなっている時は、高千穂はスッと引く。犬養が弱っている時は、高千穂が鼓舞する。そういう関係性だからこそ、今回の私のテーマとしては、“バランスを測りながら、いかに犬養を、そして犬養と高千穂のバディを輝かせるか”だと思っていました。自分の役柄を考えるよりも、そういったバランスを考えることは、すごく新鮮なチャレンジでもあり、とても楽しいことでもありました」。

綾野は「前回は、どちらもパワーを放つ役どころだったけれど、今回は北川さんが僕の一挙手一投足を見続けてくれているという感覚がありました。高千穂がいると犬養が安心できるように、僕も北川さんの高千穂がいると絶大な安心感がある。犬飼は、高千穂の掌で転がされているようなところもあって(笑)、でもそれすらも心地よいんです」と相性のよさを実感していた。

ドクター・デスに翻弄されていく2人の行く末は…
ドクター・デスに翻弄されていく2人の行く末は…[c]2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会

取材・文/成田おり枝

関連作品