片桐はいりとツァイ・ミンリャン監督が語り合う、引退宣言の真相と新しい映画館のかたち「私のやり方で限界を突破したい」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/11/7 14:30

片桐はいりとツァイ・ミンリャン監督が語り合う、引退宣言の真相と新しい映画館のかたち「私のやり方で限界を突破したい」

片桐はいりと台湾の巨匠ツァイ・ミンリャンのトークセッションが実現!
片桐はいりと台湾の巨匠ツァイ・ミンリャンのトークセッションが実現!

第33回東京国際映画祭の新たな取り組みとしてスタートしたトークシリーズ「アジア交流ラウンジ」。国際交流基金アジアセンターとの共催のもと、アジア各国・地域を代表する映画監督と、日本の第一線で活躍する映画人とが様々なテーマでオンライントークを展開していく。
11月6日に行われた第6回では、「TOKYOプレミア2020」で上映された『私をくいとめて』(12月18日公開)や、第21回東京フィルメックスのオープニング作品『愛のまなざしを』、東京フィルメックス・コンペティションで上映された『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』と出演作が相次ぐ片桐はいりが、台北の自宅からオンライン登壇したツァイ・ミンリャン監督と、彼の新作である『日子』やコロナ禍での変化について語り合った。

第6回東京国際映画祭の「ヤングシネマ1993コンペティション」東京ブロンズ賞を受賞した『青春神話』(92)で映画監督デビューを飾ったツァイ・ミンリャン監督は、第2作『愛情萬歳』(94)で第51回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、第3作『河』(97)で第47回ベルリン国際映画祭銀熊賞と、またたく間に国際的評価を獲得。ホウ・シャオシェン監督やエドワード・ヤン監督らとともに台湾ニューウェーブの代表的な監督のひとりとして、大きな注目を集める。
第70回ヴェネチア国際映画祭で審査員大賞を受賞した長編第10作『郊遊 ピクニック』(13)で商業映画からの引退を表明した後も、監督作すべてで主演を務めるリー・カンションとの対話を収めた『あの日の午後』(15)や、坂本龍一が音楽を担当した『あなたの顔』(18)などを発表。7年ぶりの劇映画にして第70回ベルリン国際映画祭テディ賞審査員特別賞を受賞した『日子』が、第21回東京フィルメックスの特別招待作品で上映された。

「撮りたいように撮れるものしか撮りたくない」(ツァイ・ミンリャン)

【写真を見る】ツァイ・ミンリャン作品を追い続けてきた片桐はいりがファン目線で質問攻め!
【写真を見る】ツァイ・ミンリャン作品を追い続けてきた片桐はいりがファン目線で質問攻め![c]2020 TIFF

片桐「東京国際映画祭で賞を獲ったことを知らずに、ユーロスペースで公開されたときに『青春神話』を拝見して衝撃を受けました。その後シネ・ヴィヴァンで公開された『愛情萬歳』も観て、そこからずっと監督の作品を観つづけています。もぎりをやっている映画館でも好きな映画を名画座で上映していいとなったときには『西瓜』と『楽日』の二本立てを上映して、『郊遊 ピクニック』の時にフィルメックスで対談に呼んでいただき、初めてお会いすることができました。
その時に監督はもう商業映画を引退されると言うから『引退しないでください』と言ったら、『チケットがもっと売れたら考えるよ』とおっしゃってくださった。その後もアート系の映画がフィルメックスで上映され、その度に行っているのですが、監督の映画はアートフィルムと商業映画の差がいまひとつわからない。どのようなスタンスで作っているのでしょうか?」

ツァイ・ミンリャン「『郊遊 ピクニック』の後、いろいろな思いが去来して、映画館で観客がチケットを買って観るような映画を撮りたくないと思いました。私はいつも新作を撮るたびにチケットを自分で街頭に立って売り捌いていたのですが、それももう疲れてしまった。それに映画館でかかるとなれば表現に制限もかかる。だから映画をもう撮らないと言ったわけではなく、別の方法で映画を制作して撮るということを探りつづけてきました。
これまでは必要な状況に迫られながら、やっと資金が捻出できて撮れるという状況で、受動的な映画制作しかできなかった。でも小さな映像作品であれば莫大なお金がなくても撮れると知り、この7年の間で『行者』シリーズなどの短編やVR作品も撮るなど、いろいろなチャレンジをしました。自分の撮りたいように撮れるものしか撮りたくないと思うようになったわけです。だからドキュメンタリーでも劇映画でも関係なく、映画であれば私の作品です。自分が表現したいものを表現できればいいと思ったのです」

関連作品

  • 愛のまなざしを

    -
    2
    万田邦敏監督×仲村トオル主演で前妻を忘れない男とその女の嫉妬と復讐と救済を描く
  • 私をくいとめて

    4.5
    254
    綿矢りさの同名小説を原作に不器用な人間同士の恋模様をのん×林遣都の初共演で描く
  • あなたの顔

    -
    3
    坂本龍一が劇伴を務めツァイ・ミンリャン監督が手掛ける台湾が舞台のドキュメンタリー
  • 郊遊 ピクニック

    2.7
    0
    ツァイ・ミンリャン監督、台北郊外の空き家で暮らす父と2人の子の日常を描く人間ドラマ
  • 西瓜

    3.8
    0
    台湾のツァイ・ミンリャン監督によるAV×ミュージカル・ラブ・ストーリー
  • 楽日

    4.0
    0
    台湾のツァイ・ミンリャン監督が古い映画館を舞台に撮影した人間ドラマ