『罪の声』小栗旬&星野源が“未解決なこと”を告白。星野源、恋ダンスをいまだ覚えられず!? |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/10/30 21:20

『罪の声』小栗旬&星野源が“未解決なこと”を告白。星野源、恋ダンスをいまだ覚えられず!?

『罪の声』初日に「うれしい」と喜びを明かした
『罪の声』初日に「うれしい」と喜びを明かした

塩田武士の同名小説を映画化した『罪の声』の初日舞台挨拶が10月30日にTOHOシネマズ六本木で開催され、小栗旬、星野源、松重豊、市川実日子、土井裕泰監督が登壇。未解決の事件を描く映画にちなみ、それぞれが自分にとって“未解決なこと”を明かした。

『罪の声』の初日舞台挨拶が開催された
『罪の声』の初日舞台挨拶が開催された

本作は日本中を震撼させた未解決事件をモチーフに、綿密な取材と着想を織り混ぜて描いたヒューマン・ミステリー。「アンナチュラル」や「MIU404」も手掛ける野木亜紀子が脚本を担当した。会場を見渡した小栗は、「非常にうれしい」と口火を切り、「こういうことを、映画が出来上がると当たり前にさせてもらっていたんですが。それが当たり前じゃないんだということを感じている。ここにたどり着けてよかったなと思います」と観客を前にした舞台挨拶に感無量の面持ち。

「うれしい」と同調した星野は、「野木さんの脚本に出させていただくのは、今年で3本やっている。『MIU404』と本作、いま『逃げるは恥だが役に立つ』(のスペシャルドラマ)の撮影をしている。ずっとお世話になっている」とコメント。「塩田さんの書かれた原作がとてもシリアス。実際にあった事件でもあるし、それがどのような“野木さんワールド”になるのかとても楽しみだった。原作にあるいろいろな要素のなかで、ここをチョイスするんだと思って。『野木さん、すごいな』と思いました」と改めて野木の手腕に惚れ込んでいた。

舞台挨拶に登壇した星野源
舞台挨拶に登壇した星野源

この日は、それぞれが“未解決なこと”を告白。星野は「いま撮影をしていて。そこでちょっととあるダンスを踊らなくてはいけない」と『逃げるは恥だが役に立つ』の“恋ダンス”について触れ、「数日後にその撮影があるんですが、それが全然覚えられていない。覚えなきゃいけない。未解決」と告白。土井監督が「前と違うダンスなんですか?」と疑問を投げかけると、星野は「前と同じなんですけど、ちょっと増えている。これはちゃんと練習しないとなと…」と頭を悩ませていた。

舞台挨拶に登壇した小栗旬
舞台挨拶に登壇した小栗旬

小栗は「いま本当に解決したいのは、なんでこんなに厚い上着を着て来ちゃったんだろうということ」と汗をかいていることを語り、苦笑い。「ものすごい暑いんですよ。俺、暑さで倒れそう。なんでこんなに厚いジャケットを着て来ちゃったんだろう」とこぼし、周囲の笑いを誘っていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • 罪の声

    3.9
    920
    昭和史最大の未解決事件をモチーフにした塩田武士の原作を小栗旬×星野源共演で映画化