井ノ原快彦、“息子”道枝駿佑の成長に驚き!スニーカープレゼントも「パンパンじゃない?」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/10/28 20:36

井ノ原快彦、“息子”道枝駿佑の成長に驚き!スニーカープレゼントも「パンパンじゃない?」

親子のように息ぴったり!
親子のように息ぴったり!

映画『461個のおべんとう』(11月6日公開)の親子試写会イベントが10月28日にスペースFS汐留で開催され、井ノ原快彦、道枝駿佑、原作であり、本作のモデルとなった渡辺俊美と息子の渡辺登生が登壇。道枝が井ノ原から誕生日プレゼントとしてスニーカーをもらったことを明かし、「今日も履いてきた!」と告白。井ノ原も「本当に!?うれしい」と笑顔を弾けさせるなど、親子のようなやり取りを見せて会場を盛り上げた。

【写真を見る】井ノ原快彦&道枝駿佑、映画のモデルとなった親子とご対面
【写真を見る】井ノ原快彦&道枝駿佑、映画のモデルとなった親子とご対面

TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美が息子との実話をつづったエッセイを映画化した本作。息子のおべんとうを作り続けたミュージシャンでシングルファーザーの鈴本一樹役を井ノ原が、一樹の息子、虹輝役を関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」の道枝が演じた。井ノ原は「とても温かい方。『僕に寄せなくていいからね』と言ってもらえて、楽に演じられました」と一樹のモデルになった渡辺俊美に感謝。虹輝役のモデルとなった渡辺登生は「理想の異世界転生をした自分を見ているよう」と語り、観客を笑わせていた。

笑顔でトーク
笑顔でトーク

道枝は「めちゃくちゃ優しくしていただいた。毎日お昼ご飯を一緒に食べさせていただいた」と撮影期間も井ノ原とたくさんのコミュニケーションをとったそうで、さらに「僕の誕生日は7月なんですが、それを覚えてくれていて、撮影期間中にスニーカーをプレゼントしてくれた」とニッコリ。井ノ原は「ネットで探していたら、いい感じのがあった。サイズを聞いたら、みるみるでかくなっている。昨年あげたのを今年履いてきていたので、絶対キツイと思うんだけど。無理して履いていない?パンパンじゃない?」と道枝が成長期だけに心配しきり。「めちゃくちゃ背が伸びた」と成長に驚いた井ノ原だが、「こちらに気を遣わせない。『疲れたなあ』と座ると、横に座ってくれる。距離感をこちらから積めなくても、縮めてくれる」と道枝に助けられたと話していた。

また“絆”を感じられる映画にちなみ、「最近、絆を感じたことは?」と聞かれると、道枝は「なにわ男子が、ジャニーズJr.全体でミュージックステーションに出させていただいた。出番直前になにわ男子で円陣を組んだ。そこでは絆を感じた」と吐露。井ノ原は「見てたよ、俺も。よかった」とその現場に立ち会っていたそうで、「僕らの曲、歌ってくれたよね。(道枝が)『パパ、“Can do! Can go!”を歌うよ』って言ってくれて。マジかよ!って。見させてもらって、めちゃくちゃよかった」と“息子”がV6の歌を熱唱してくれたことへの感慨を語っていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品