ジョージ・クルーニー監督&主演のNetflix映画『ミッドナイト・スカイ』初映像を披露 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/10/28 12:00

ジョージ・クルーニー監督&主演のNetflix映画『ミッドナイト・スカイ』初映像を披露

滅亡の危機にある地球と広大な宇宙を舞台に描くNetflix映画『ミッドナイト・スカイ』が12月23日(水)より独占配信されることが決定。あわせて初映像とキービジュアルが解禁された。

ジョージ・クルーニー監督&主演のNetflix映画『ミッドナイト・スカイ』初映像解禁
ジョージ・クルーニー監督&主演のNetflix映画『ミッドナイト・スカイ』初映像解禁Netflix映画『ミッドナイト・スカイ』12月23日(水)より独占配信開始

ジョージ・クルーニーが監督・製作・主演を務める本作は、リリー・ブルックス=ダルトンの小説「世界の終わりの天文台」を原作とするSF大作。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)のフェリシティ・ジョーンズのほか、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(19)のカイル・チャンドラー、『エイリアン:コヴェナント』(17)のデミアン・ビチルが脇を固める。地球滅亡を目前にしてもなお、北極に残る孤独な科学者オーガスティン(クルーニー)は、謎の少女と出会い共同生活を始める。そんななか、オーガスティンは任務を終えて地球へ戻ろうとする宇宙船の乗組員サリー(ジョーンズ)らの存在を知り、交信を通じて帰還を止めようと奔走する。

予告では、お互いに交信を取ろうとするも音信不通のオーガスティンとサリーらの姿が交互に映しだされる。そしてオーガスティンは命の危険も顧みず、少女とともにより強い通信アンテナを求めて雪原を進み、宇宙服に身を包んだサリーらは深刻なアクシデントに見舞われ…と、壮大かつスリリングな映像が展開され、期待感が煽られる。また同時解禁されたキービジュアルでは哀愁たっぷりな科学者の横顔に無限の宇宙が広がり、ミステリアスかつ深淵なドラマを感じさせる仕上がりに。

地球の危機的状況は「間違いから始まった」とのオーガスティンの言葉が意味するところは?そして孤独な男は、“滅びゆく地球”に帰還しようとする宇宙船を救えるのか?クルーニーがNetflixと初タッグを組んで贈る超大作に期待しよう。

文/足立美由紀