松本穂香と奈緒が明かす、『みをつくし料理帖』で紡いだ“姉妹”の絆 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/10/28 16:30

松本穂香と奈緒が明かす、『みをつくし料理帖』で紡いだ“姉妹”の絆

高田郁の時代小説を、角川春樹監督が松本穂香を主演に迎えて‟生涯最後の映画監督作“として映画化した『みをつくし料理帖』が公開中だ。奈緒が主人公の幼馴染を演じるほか、石坂浩二や薬師丸ひろ子など、「角川映画」に縁のある豪華出演陣が集結。“江戸の女料理人”と“吉原の幻の花魁”として、食を通じて再び巡り合う幼なじみを演じた松本穂香と奈緒に、本作への思いを語ってもらった。

享和二年の大坂、大洪水で生き別れた幼なじみの澪と野江。10年後、江戸の蕎麦処「つる家」で料理の修業に励んでいた澪(松本)のもとに、澪が生みだす料理の評判を聞きつけ、吉原随一の花魁、あさひ太夫(奈緒)の使いの者が訪ねてくる。

「奈緒さんとは、同じ空気感を共有できる感じがするんです」(松本)

話題作で共演を果たした2人を直撃!
話題作で共演を果たした2人を直撃!撮影/黒羽政士 ヘアメイク(松本穂香)/尾口佳奈、スタイリスト(松本穂香)/道端亜未、ヘアメイク(奈緒)/竹下あゆみ、スタイリスト(奈緒)/岡本純子(Afelia)

――映画のなかでは姉妹のように仲の良い幼馴染の設定ですが、共演されてみてお互いどのような印象を?

松本「奈緒さんは誰に対してもすごくフレンドリーで、人見知りしない方。正直最初は『私とは少し違うタイプの方かも…』と思っていたんですが、気づいたらすごく仲良くなっていて(笑)。本作のあと、ドラマの現場でもご一緒させていただいたんですが、ついこの前も電話で話したばかりなんです(笑)。奈緒さんとはそれほど多くを語らなくても、同じ空気感を共有できるような感じがするんですよね」

奈緒「記者の皆さんから『お二人はすごく仲がいいんですね』ってお声がけいただいて、『松本さんとはどうしてこんなに気が合うのかな』って、取材中ずっと考えていたんです(笑)。きっとお互いに大切にしている部分と、『まあ、ここは別にいいか』って流せる部分が似ているからこそ、松本さんとはこれだけ長い時間一緒に過ごしても、ずっと仲良くさせてもらえているんじゃないかなぁって思いますね(笑)」

松本「劇中、実は澪とあさひ太夫が一緒にいるシーンはあまりなかったんですが、撮影現場では、なにかと奈緒さんと一緒にいることが多かったような記憶があります」

奈緒「私が撮影に参加させていただいたのは数日だけだったのですが、そうとは思えないほど、とくに地方ロケの際は一緒にいた感じがします。ずっと松本さんの楽屋にお邪魔させていただいていたんです(笑)」

――時代劇作品ならではの気づきや、新たな発見はありましたか?

mio_sub07_RR
[c]2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会

松本「時代劇って、普段お芝居する時に比べて歩き方のテンポもゆっくりですし、身に着ける衣裳もヘアスタイルも現代とは全然違うので、指先まで意識を行き届かせておかないとスクリーンに映ったときに美しく見えないんだなって、身をもって知ることができました。劇中の“ご寮さん”と澪のように、若村麻由美さんが直々に所作を教えてくださったんです」

奈緒「私も花魁役は初めてで、衣裳もカツラもすごく重くて、正直初日の記憶があまりないんです(笑)。踊りの練習もかなりしたのですが、所作については又次役の中村獅童さんから『ほんの些細な違いでも、こちらから流れるような向きにした方が、着物の裾からチラリとのぞく足先まで綺麗に見えるよ』って、アドバイスをいただきました」

――共演者の皆さんも、とても豪華な方ばかりですね。

松本「錚々たる方々とご一緒させていただいたので、『なぜ私がここにいるんだろう?』と思う瞬間が何度もありました。まさかずっとドラマや映画で見ていた窪塚洋介さんとご一緒できる日がくるとは、思ってもみなかったので…。『あ、(『池袋ウエストゲートパーク』の)キングだ!』って、純粋にうれしかったですね(笑)」

奈緒「獅童さんは、私がずっと緊張しているのを見抜いていらっしゃったみたいで、休憩中はそれを解いてくれるような他愛のない話も沢山してくださったんですが、いざお芝居に入られる瞬間の、あまりの代わり身の早さにすっかり魅了されてしまいました。その姿をいつまででも見ていたいと感じたくらいです」

――浅野温子さんや藤井隆さんとの掛け合いも、とてもコミカルで。

mio_sub06_RR
[c]2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会

松本「浅野さんは毎シーンアドリブ満載で、『これ、さすがに怒られるんじゃない(笑)?』ってご本人がおっしゃるくらい、ものすごくパワフルにお芝居されていたのが印象的でした。藤井さんは『角川さんの作品を観て、青春時代を過ごしてきたので…』と、初日からド緊張されていました(笑)。ですが、澪と藤井さん演じる清右衛門との対決シーンでは、カメラマンさんが思わず『藤井さんいいねぇ~!』と声をかけていらしたほど、素敵でした」

関連作品

  • みをつくし料理帖

    4.1
    178
    角川春樹が生涯最後のメガホンをとり高田郁による同名時代小説を松本穂香主演で映画化