綾野剛&舘ひろし共演『ヤクザと家族』予告解禁!常田大希が主題歌を書き下ろし |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/10/26 8:00

綾野剛&舘ひろし共演『ヤクザと家族』予告解禁!常田大希が主題歌を書き下ろし

第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞など3冠に輝いた『新聞記者』(19)の藤井道人監督の最新作『ヤクザと家族 The Family』(2021年1月29日公開)。このたび本作の主題歌をKing Gnuの常田大希が率いる気鋭の音楽集団millennium paradeが担当することが決定。本作のために書き下ろされた楽曲「FAMILIA」が解禁された予告映像のなかで披露された。


本作は”ヤクザ”というテーマを1999年、2005年、2019年の変わりゆく3つの時代の価値観で切り取り、男たちの生き様を描いた壮大なヒューマンストーリー。1999年、身寄りがなくその日暮らしの生活を送っていた山本賢治(綾野剛)は柴咲組組長・柴咲博(舘ひろし)の危機を救い、ヤクザの世界に足を踏み入れる。そして2005年。激化する抗争と、自分と同じような境遇で育った女性との出会いなど、人生を揺り動かす瞬間に向き合うこととなった山本は、“家族”を守るためにある決断をする。

本作の主題歌をmillenium paradeが担当することになったのは、綾野が脚本を読んだイメージを藤井監督に提案したことがきっかけだったという。「映画を観終わった後に、その世界を生きていない第三者の愛がどうこの作品とお客様の懸け橋になってくれるのか。いま自分たちが心の中に宿している静かなマグマを治癒してくれるのは大希しかいなかった」と綾野は直感的に常田を思い浮べたことを明かす。

綾野と藤井監督からの熱いラブコールを受けた常田はオファーを快諾。「“ヤクザ”を題材にしている作品ではあるけれども、かといってヤクザ映画という印象はまったくなくて、多かれ少なかれ誰しもが生きていれば起き得ること、生きていれば感じるような普遍的なつなぎ方が出来上がっていたので、それにのっかるだけだった」と、常田は仮編集状態の作品を観て一気に「FAMILIA」を書き上げたことを振り返り、「俺これ以上いい曲書けないんじゃないかな…(笑)」と確かな手応えをのぞかせた。

主題歌が入り、完成した作品を観た綾野は「感謝を表現するには言葉では足らない。魂がえぐられた。今日まで生きてきて出会ったことのない感情です。エンドロールで歌詞が流れるのを観た時、体内から溢れ出るモノを必死に抑えた。私にとって人生最愛の作品が生まれました」と感無量のコメント。移りゆく時代のなかで生きる男の物語と、それを優しく包み込む楽曲。人気・実力を兼ね備えた俳優と映画監督、アーティストの3人の化学反応を、是非とも劇場で堪能してほしい。

関連作品