永作博美、『朝が来る』で夫役の井浦新と“赤ちゃんグッズ”購入「一般の方に写真を撮られたら…」とドキドキ |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/10/23 20:24

永作博美、『朝が来る』で夫役の井浦新と“赤ちゃんグッズ”購入「一般の方に写真を撮られたら…」とドキドキ

夫婦役を演じた永作博美、井浦新
夫婦役を演じた永作博美、井浦新

直木賞受賞作家の辻村深月のベストセラー小説を河瀨直美監督が映画化した『朝が来る』の初日舞台挨拶が10月23日TOHOシネマズ六本木で行われ、永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子、河瀨監督が登壇。撮影前から登場人物が経験してきたことをリアルな状況で体験し、取り入れるという、河瀨監督ならではの“役積み”という演出法に挑んだ役者陣。永作は、赤ちゃん用のおくるみやオムツなどを、夫役の井浦と共に買いに行ったことを明かした。

『朝が来る』の初日舞台挨拶が開催された
『朝が来る』の初日舞台挨拶が開催された

本作は実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女を繋ぐ“特別養子縁組”によって、新たに芽生える家族の絆と葛藤を描くヒューマンドラマ。

“役積み”という言葉について、「(監督は)流行語をねらっているらしい」と微笑んだ永作。「すべて赤ん坊のものを揃えてくれと言われて。だいたいそういうものは、美術さんが揃えて現場に持って来てくれる」と口火を切り、「今回はおくるみも肌着も、よだれ掛け、オムツもミルクも、それを入れるバッグも。すべて自分たちで時間をかけて選んで、自分たちで東京から現場まで持って行った」と購入したグッズをロケ地の広島まで、自ら運んだと話す。

笑顔の永作博美
笑顔の永作博美

井浦も一緒に選んだそうで、「2人でモールに買いに行った」と告白。永作は「黄色にしてくれと指示があったんですが、黄色がなくて。生地屋さんにまで行った」と苦笑い。その準備段階はもちろんカメラも回っておらず、監督もいないそうで、永作は「一般の方に写真を撮られたら、ドキドキするなと思った」と戸惑いもあったそうだが、「“役積み”があったおかげで、(演じる)佐都子にたどり着いた。現場で毎回『あなたはどう考えるか』ということを突きつけられている感じがした。監督の愛情について行こうと思った」、井浦も「俳優としては、とても幸せな環境」と河瀨監督に感謝しきりだった。

また東京から広島への移動の際、永作は「(移動中も)自分に戻りたくないと思って、別の世界に連れて行ってくれるものはなんだろうと思い、俳句を考えていた」と役づくりに集中するために俳句づくりをしていたという。河瀨監督から「ここで一句を」と無茶振りされるひと幕もあったが、永作は「秋雨も、祝福になり、あいたくて」と読み、会場から大きな拍手を浴びていた。

取材・文/成田おり枝

※河瀬直美監督の「瀬」は旧字が正式表記

関連作品

  • 朝が来る

    3.2
    477
    小さな命が繋ぐ女性と少女の運命を描いた辻村深月の小説を原作に河瀨直美監督が映画化