『妖怪大戦争』新作公開前に要チェック!所沢で企画展「荒俣宏の妖怪伏魔殿2020」開催 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/10/17 21:30

『妖怪大戦争』新作公開前に要チェック!所沢で企画展「荒俣宏の妖怪伏魔殿2020」開催

11月6日(金)に埼玉県所沢市の”ところざわサクラタウン”にグランドオープンする「角川武蔵野ミュージアム」。同館の第1弾企画として妖怪研究の第一人者で、映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(2021年公開)の製作総指揮に名を連ねる荒俣宏の監修による「荒俣宏の妖怪伏魔殿2020」が催されることになった。

【写真を見る】「伏魔之殿」門の向こうに異世界空間が広がる...!(写真は一部イメージ)
【写真を見る】「伏魔之殿」門の向こうに異世界空間が広がる...!(写真は一部イメージ)[c] RIMATE Creative

本展では「妖怪は見えません」を合言葉に日本全国の妖怪を紹介。外見をイメージできる”見える”妖怪はもちろん、伝説はあるもののイメージが残っていない”誰も見たことない”妖怪も、絵が描かれなかった理由や伝説が生まれた背景を資料や荒俣語録とともに展示する。 ”伏魔之殿”門をくぐり抜けた先の”妖怪回廊”には、新進気鋭のイラストレーターが描く原始~現代まで網羅した妖怪絵巻を広がるほか、 土地土地の道端に祀られ災いを遮り防ぐ存在として慕われる名もなき“道祖神”も多数展示予定だ。

「件のミイラ」
「件のミイラ」所蔵:木原浩勝

また、本展では”ミイラと化石”にも注目。昔の人々が妖怪のイメージを出土した化石や動物の骨などから具象化したことを窺い知る展示が用意される。さらに大正~昭和期の稀代の珍品蒐集家、三田平凡寺の珍コレクションも紹介。幻想とエロティシズムを感じさせる展示品が”12禁”の年齢制限を設けて披露されるとのこと。

三田平凡寺「春画非春之巻」個人像
三田平凡寺「春画非春之巻」個人像

怖いもの見たさの好奇心がくすぐられる「荒俣宏の妖怪伏魔殿2020」。この秋は展示を通して妖怪への造詣をじっくり深める体験を体験してみてはいかがだろう?平凡な日常風景も、いつもと違う視点で見ると楽しくなってくるかもしれない!

文/入江奈々


気鋭のクリエイターが妖怪のイラストを手がける
原始から現代までの妖怪を網羅

関連作品