• EVENT

花江夏樹『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に感動!「うまく歩けないくらい泣いた」

2020年10月17日 18:11

花江夏樹&下野紘が劇中同様の掛け合いを見せるひと幕も!
花江夏樹&下野紘が劇中同様の掛け合いを見せるひと幕も![c]吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

シリーズ累計発行部数1億部を突破した吾峠呼世晴の大ヒット漫画を映画化した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開記念舞台挨拶が10月17日に行われ、声優の花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、平川大輔、日野聡、主題歌を担当するLiSA、外崎春雄監督が登壇。主人公の炭治郎を演じる花江が「本当に魂が震えて、心が燃えるような、そんな映画でしたね」と映画観賞後の観客に寄り添い、「言葉じゃ表しきれないような、僕も観た時、しばらくうまく歩けないくらい泣いてしまって。それくらい感動しました」と告白した。

完成作を観た感動を明かした花江夏樹
完成作を観た感動を明かした花江夏樹[c]吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

主人公の少年、炭治郎が、鬼に変貌した妹の禰豆子を人間に戻すため“鬼殺隊”に入り、鬼狩りの道を歩んでいく姿を描き、漫画もアニメも“令和初の国民的アニメ”と言われるほどの人気を誇っている本シリーズ。劇場版では、テレビアニメの最終話からつながる物語が展開する。

壮絶な戦いに身を投じる炭治郎の原動力について、「禰豆子を人間に戻したい、家族の仇を討ちたいという想いで鬼と戦っているので、その気持ちを絶やさないようにして演じました」と明かした花江。禰豆子役の鬼頭は「今回の物語では、禰豆子のかわいらしいシーンがとてもいっぱいあって、とにかくかわいく演じました」と話す。

禰豆子が「かわいい!」と愛情たっぷりに語った鬼頭明里
禰豆子が「かわいい!」と愛情たっぷりに語った鬼頭明里[c]吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

禰豆子の魅力を聞かれた下野は、すかさず「いつでもかわいいですよ!夢の中の禰豆子ちゃんは最高でしたね!かわいいですよね~、どこに出しても恥ずかしくない!」とすっかり善逸気分で語り、「お宅の妹さん、最高よ!」と花江の方を向いてニッコリ。花江は「ありがとうございます」とお礼を述べながらも「でもお兄さんとは呼ばないでください!」と切り捨てるなど、炭治郎と善逸のような息の合った掛け合いを見せて会場を笑わせていた。

また本作に欠かせないキャラクターとなる、煉獄杏寿郎役の日野は「煉獄としては技をみせるのが今回初でしたので、柱としての強さやかっこよさ、頼もしさを炭治郎たちにみせるというところを心がけていました」と役作りについて吐露。煉獄の戦いについては「迫力のある技の応酬で、自分も見ていて圧倒されました。煉獄っていつも目を見開いて一見何を考えているか分からないのですが、裏では頭の中で何手も先を読み、状況判断する優れた能力の持ち主でもあり、柱としての頼もしさが濃密に描かれていたと思います」と熱弁していた。

【写真を見る】炎カラーのドレスで登場したLiSA
【写真を見る】炎カラーのドレスで登場したLiSA[c]吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

主題歌「炎」を担当したLiSAも「始まった途端に、みんなが返ってきた!という感覚になり、ひと泣きしました」と映画冒頭で泣いてしまったと話すなど、それぞれが本作への並々ならぬ愛をあふれさせた舞台挨拶となったが、最後に花江は「劇中で煉獄さんから炭治郎たちにかけられた言葉が、より多くの皆さんに伝わればいいなと思っています。みんなの力が合わさってできた映画だと思っておりますので、これからも応援を引き続きよろしくお願いします。我々は心を燃やして頑張っていきたいと思います!」と力強く語っていた。

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正式表記

文/成田おり枝

関連映画

関連映画ニュース