千眼美子、恋愛観を赤裸々に語り「舞台挨拶だから言っちゃいました」と照れ笑い! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/10/16 16:31

千眼美子、恋愛観を赤裸々に語り「舞台挨拶だから言っちゃいました」と照れ笑い!

千眼美子、過去の恋愛について大胆発言!
千眼美子、過去の恋愛について大胆発言!

『夜明けを信じて。』の初日舞台挨拶が10月16日にシネマート新宿で開催され、田中宏明、千眼美子、長谷川奈央、芦川よしみ、石橋保、赤羽博監督が登壇。千眼が「世間では『鬼滅の刃』が話題になっていますけれど、こちらは現実世界の“魔滅の悟り”を描いております。ぜひその世界観を楽しんでいただけたら」と挨拶。恋愛観についても赤裸々に語り、会場を沸かせた。

映画『夜明けを信じて。』の初日舞台挨拶が開催された
映画『夜明けを信じて。』の初日舞台挨拶が開催された

小さなころから努力を重ねてきた青年、一条悟(田中)が、さまざまな人生経験をしながら、やがて宗教家として立つまでの心の軌跡を描く本作。

『夜明けを信じて。』初日舞台挨拶に登壇した田中宏明
『夜明けを信じて。』初日舞台挨拶に登壇した田中宏明

田中は、本作で映画初主演を果たした。大役を受け取った感想を聞かれた田中は「プレッシャーしかありませんでした」と苦笑い。「初主演で、一条悟さんという方も偉大な方。命がけで演じさせていただいた。体当たりでした。自分には捨てるものがないので、全力で取り組むことができました」と明かした。

長谷川は「初主演ということで、緊張されているのかなと心配していたけれど、現場でお会いしたら、一条悟そのものになっていた。驚かされた」、千眼も「堂々とされていた」と田中の座長としての佇まいを絶賛。石橋は「顔立ちがいいから、緊張がわからない」と茶目っ気たっぷりに語り、田中を笑わせていた。

「“身を引かせる”タイプかも!?」
「“身を引かせる”タイプかも!?」

千眼は、悟に想いを寄せ、愛しているがゆえに自ら身を引くヒロインの立花美穂を演じた。美穂と共通する点は「恥ずかしながら、全然なかった」という千眼。「取材などでは『私は身を引かずに追いかけていっちゃうタイプです』と答えていたんですが、よくよく考えてみると、どちらかというと、(相手に)身を引かせていたのかもしれないと思いました」とこれまでの恋愛経験を回顧。
「私の方が捨ててきたことが多いのかも」と大胆発言しつつ、「自分でも恐ろしいことを言っている。舞台挨拶だから言っちゃいました」と照れ笑いを見せ、会場の笑いを誘っていた。

最後に田中は「映画を無事にお届けできてうれしい」と喜びを噛みしめ、「一条悟さんの人生は本当に深いものがある。私自身、メッセージを受け取った」と大きな経験となったことを語っていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • 夜明けを信じて。

    5.0
    17
    田中宏明が主演を務めた青春映画『さらば青春、されど青春。』の完全リメイク版