水川あさみ、浅香航大らが演じる主人公の人物像に迫る…『滑走路』ロング版予告が解禁 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/10/15 17:00

水川あさみ、浅香航大らが演じる主人公の人物像に迫る…『滑走路』ロング版予告が解禁

32歳の若さで命を絶った歌人の萩原慎一郎による「歌集 滑走路」を映画化した『滑走路』(11月20日公開)。本作より水川あさみ、浅香航大、寄川歌太が演じる3人の主人公の人物像に迫るロング版予告が到着した。

妊娠が発覚した途端、夫から無責任な言葉を投げかけられる切り絵作家の翠(水川あさみ)
妊娠が発覚した途端、夫から無責任な言葉を投げかけられる切り絵作家の翠(水川あさみ)[c] 2020 「滑走路」製作委員会

萩原がいじめや非正規雇用を経験しながらも生きる希望を綴った「歌集 滑走路」は、苦悩を背負う人々へのエールとして多くの共感を呼びベストセラーを記録した。そんな原作がモチーフのオリジナルストーリーが展開する本作は、世代も境遇も異なる男女3人が主人公。彼らの人生が“ある青年の死”を巡り交差していく様を通して、現代をもがき生きる若者の不安や葛藤、そして希望を描く。

【写真を見る】若手官僚として非正規雇用の問題に向き合うも、精神的に追い詰められていく鷹野(浅香航大)
【写真を見る】若手官僚として非正規雇用の問題に向き合うも、精神的に追い詰められていく鷹野(浅香航大)[c] 2020 「滑走路」製作委員会

ロング版予告では、厚生労働省の官僚として仕事に追われる鷹野(浅香)、いじめの標的となってしまう中学生の学級委員長(寄川)、妊娠に無責任な夫に悩む切り絵作家の翠(水川)の人生が絡みあう様子が、優しさと希望あふれる印象的なセリフの数々と、シンガーソングライターのSano ibukiが書き下ろした主題歌「紙飛行機」の温かなメロディとともに映しだされていく。

幼なじみを助けたことをきっかけに、自らもいじめの標的となる中学生の学級委員長(寄川歌太)
幼なじみを助けたことをきっかけに、自らもいじめの標的となる中学生の学級委員長(寄川歌太)[c] 2020 「滑走路」製作委員会

また、一足早く本作を鑑賞した萩原の両親は「萩原慎一郎の短歌の言葉が散りばめられ、慎一郎が短歌に込めた想いを感じることができました」と映画に息づく原作の心に言及。弟でギタリストの萩原健也は「10代のころ、不登校の僕を救い、勇気と希望をくれ続けた兄を想いました」とコメントを寄せている。

いよいよ公開が来月に迫る本作。ロング版予告にも登場する坂井真紀、水橋研二、吉村界人、染谷将太ら脇を固める実力派キャストが、どのように3人の人生と関わっていくのかにも注目したい。

関連作品

  • 滑走路

    5.0
    111
    萩原慎一郎による同名短歌集を原作に水川あさみ×浅香航大×寄川歌太共演で映画化