嵐の2020年と大野の想いに迫る「ARASHI’s Diary」最新2話が10月19日・31日より配信! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/10/13 11:00

嵐の2020年と大野の想いに迫る「ARASHI’s Diary」最新2話が10月19日・31日より配信!

日本人アーティストとして数々の記録を打ち立て、名実ともに日本のTOPボーイズグループである嵐の素顔に迫るNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」。その最新話となる第15話が10月19日(月)16時、第16話が10月31日(土)16時より全世界配信されることが決定し、予告編が解禁された。

Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」第15話&第16話が配信決定!
Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」第15話&第16話が配信決定!Netflixにて全世界独占配信中

本シリーズでは「2020年いっぱいで活動休止」を宣言してもなお精力的にチャレンジし続ける相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔の疾走感あふれる日常を追ってきた。第15話「2020年」では、2019年の「NHK紅白歌合戦」を終え、ジャニーズカウントダウンライブへと向かう移動車の中で迎えた”2020年“を、5人の活動とコメントで振り返る。今年1月には始まっていた国立競技場公演と北京公演へ向けての打ち合わせ、本格化したデジタル活動、LAでのMV撮影、レコーディングなど、多忙ながら楽しそうだった5人は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月中旬には北京公演中止という苦渋の決断をする。そんななかでもいち早くインスタライブ配信に踏み切り、嵐らしく「今の状況の中で、何ができるか?」を考え、立ち向かい続けた“2020年現在”の5人の軌跡が綴られる。

続く第16話「OHNO’s Diary」は、「子供の頃は、結構落ち着きのない子だった」という大野の回想から始まる。多感な少年時代を過ごした地元など思い出の地を訪ねながら語られる幼き日の記憶、ジャニーズ事務所入所とジャニー喜多川との出会い、そしてデビューしてからも心の拠り所となった“絵を描くこと”。5年ぶり3度目の個展開催へ向けた制作活動とともに、ファンへの強い想いや嵐のリーダーとしての覚悟など、普段はあまり表に出すことのなかった"本当の想い“に触れられる貴重な映像が収められている。

決して諦めずにひたすら前を向く彼らは何を想い、”その日“に向かっているのか?包み隠さず語られる5人の率直な想いに耳を傾けて欲しい。

文/足立美由紀