メンタル最強!メーガン妃、活動家としてますますアクティブに |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

セレブリティ 2020/10/13 18:30

メンタル最強!メーガン妃、活動家としてますますアクティブに

10月10日の世界メンタルヘルスデーに、ヘンリー王子とメーガン妃が、カリフォルニアのアナハイムに住む5人の高校生がメンタルヘルスをテーマに立ち上げたポッドキャスト番組に出演。3人の学生を自宅に招待して応じたインタビューがオンエアされた。メーガン妃は、11日の国際ガールズ・デーにもヘンリー王子とビデオコールでメディアに登場。活動家としてアクティブに活動しているようだ。

先月87歳で亡くなったアメリカの法律家で、亡くなるまでの27年間にわたって連邦最高裁判事を務めた女性、ルース・ベイダー・ギンズバーグが遺した名言の一つ「When there are nine」という言葉が入った黒いマスクを着け、ウェービーなロングヘアスタイルでインタビューに応じたメーガン妃。

この名言は、「『最高裁判所に何人の女性判事がいれば十分か』と聞かれることがありますが、私が『9人』と答えると、みんながショックを受けます。しかし9人の判事が全員男性だったときは、誰もそれに疑問を抱かなかったのです」というギンズバーグの言葉に由来している。また、ギンズバーグにオマージュを捧げるべく、イニシャル「R.B.G.」が胸にプリントされたグレーのTシャツにストライプのセーターを肩掛け、スキニージーンズの脚をソファに重ねてリラックスした様子だった。

そして11日、史上最年少の17歳で、2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ ユスフザイとともに、ビデオコールで少女たちの教育の重要性を訴えたメーガン妃は、後ろで一つにまとめたヘアスタイルに、300ドル(約3万1500円)の米国発Tuxeの黒いハイネックノースリーブのボディウェアに、白いパンツという装い。今回もヴィクトリア・ベッカム風のばっちりセレブメイクで、持論を展開している様子が、マララ基金の公式Facebookなどに掲載されている。

先日妊娠説が浮上したメーガン妃だが、今回も脚を組んでいるためお腹周りは見えず、妊娠については明らかにされていない。しかし、英王室を離れ、アメリカで自分のペースで好きなことを行えているとあって、水を得た魚のようにいきいきとしており、高校生たちとの番組で、「昨年最もネットで嫌がらせをされたのは私」と語りながらも、我が道を行く最強メンタルの持ち主のようだ。

NY在住/JUNKO